サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発売日:2000/05/30
  • 出版社: BL出版
  • サイズ:21×28cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-89238-759-2
絵本

紙の本

プレーリータウン

著者 ボニー・ガイサート (文),アーサー・ガイサート (絵),久美 沙織 (訳)

100年まえのアメリカ中西部の大平原の町で、自然とともに生きる人々を丹念に描く。ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞ノンフィクション部門オナーブックに選ばれた絵本。【「T...

もっと見る

プレーリータウン

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

100年まえのアメリカ中西部の大平原の町で、自然とともに生きる人々を丹念に描く。ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞ノンフィクション部門オナーブックに選ばれた絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ボニー・ガイサート

略歴
〈アーサー・ガイサート〉アメリカの銅版画家。78年国際版画ビエンナーレで受賞。妻のボニーと共作の絵本も発表。作品に「ヘイスタック」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

懐かしきホームタウン(うちの町)

2000/07/19 20:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プチとまと - この投稿者のレビュー一覧を見る

100年くらい前のアメリカ中西部のプレーリータウン(大平原の町)のようすと、1年間のひとびとの暮らしぶりを、季節を追いながら、ち密で、温かみのある銅板画で、丹念に描き出した絵本。

 ヨーロッパから新しい国に移住してきた人びとが、西へ西へと開拓を始めていた1900年代の始め、アメリカ合衆国では、いくつかの会社が、その広大な土地に鉄道線路を通した。

 大草原のまっただ中、出来たての線路沿いに人々が寄り集まってできた町は、たっぷりとした小麦の実りに支えられ、どんどん大きくなっていく。なにもなかった地平線上に穀物貯蔵塔(穀物を貯めておく背の高い塔)が、すっくとそそりたった。

 草刈りや種まきであわただしい芽生えの春。刈り取り機械が農場をくるくると廻り、穀物貯蔵塔も大忙しの夏。秋のおまつり。新学期の学校の子ども達。週末の夜の町中のにぎわい。道も裏庭もすっぽり覆い隠してしまう吹雪。うんざりする雪かき・・。  

 日本とアメリカ。国柄も風土も違うのに、ゆっくりとページをめくり、絵を眺めているうちに、何ともいえぬ懐かしさがこみ上げてくるから不思議。季節や天候の変化と上手につきあいながら、精一杯働き、町中がひとつの家族の様に暮らしていた頃の日常生活だ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/12 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。