サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

乙武レポート
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210137-8
  • 国内送料無料

紙の本

乙武レポート

著者 乙武 洋匡 (著)

「すばらしい時間と出会いをありがとう」 電動車椅子の青年乙武洋匡が大学生活最後の一年間ニュースキャスターとして挑戦した日々を振り返る。誰にでも読むことが出来るように、漢字...

もっと見る

乙武レポート

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「すばらしい時間と出会いをありがとう」 電動車椅子の青年乙武洋匡が大学生活最後の一年間ニュースキャスターとして挑戦した日々を振り返る。誰にでも読むことが出来るように、漢字への振りがな付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

乙武 洋匡

略歴
〈乙武洋匡〉1976年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。先天性四肢切断という障害を乗り越え、ニュース番組のサブ・キャスターを務めた。著書に「五体不満足」「プレゼント」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

こういう企画は興味津々ですね

2002/07/24 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斑鳩の里より - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は「五体不満足」の著者である乙武洋匡が「ニュースの森」のサブキャスター
として番組に出演したり現場取材したレポートである。

全体の構成は、第1章 電波に失礼や!、第2章 風船のキモチ、第3章 敗者、
第4章 ツイてる男、第5章 マルコス、死体、そして私、第6章 新人のミス、
プロの業、第7章 異論、第8章 過去への旅、第9章 コギャルとサル、
第10章 自由研究、第11章 模様替え、第12章 それぞれの願い、第13章
嵐、第14章 通知表、第15章 卒業の15の章に分かれている。

この本から「ニュースの森」という番組から映像として流れることのない番組の
裏側の苦労がわかったことはとても勉強になりました。

また著者が障害者の立場からバリアフリーをテーマとする内容に取り組んだことに
対する批判が櫻田淳氏から「ニュースの森」に対して「障害を持つ人は、障害者と
いう立場からのみ、物事を語るべきではない」という批判がありましたが、
僕は著者が障害者というよりもむしろ普通のフィルターでレポートしていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/11 14:33

投稿元:ブクログ

乙武クンが五体不満足を出版して有名になった後。大学4年の時に、TBSの番組でキャスターとして過ごした1年をつづった本。現在、スポーツライターとして活躍している彼の原点になったのは言うまでもありません。文面からはまだ若くて初々しい乙武クンの姿が浮かび上がります。

2006/05/27 00:51

投稿元:ブクログ

実は“五体不満足”よりも先にスポーツライターとしての【乙武洋匡】の文章に触れました。感性がするどく、初心者の私にもわかりやすくその選手の人となり、そのスポーツを魅せてくれる文章にぐいぐい引き込まれてから、“五体不満足”を読みました。本家? の自伝的ベストセラーよりもスポーツライターとしての活躍のほうが私は好きです。

2007/04/21 20:45

投稿元:ブクログ

五体不満足の後に読んだ本。こちらは五体不満足を出版し、ニュースキャスターになってからのことが書いてある、続編みたいなもの。こちらは正直あまり心に残らなかったなぁ……

2013/08/23 10:49

投稿元:ブクログ

(2002.02.12読了)(2001.11.02購入)
(「MARC」データベースより)amazon
「すばらしい時間と出会いをありがとう」 電動車椅子の青年乙武洋匡が大学生活最後の一年間ニュースキャスターとして挑戦した日々を振り返る。誰にでも読むことが出来るように、漢字への振りがな付き。

☆関連図書(既読)
「五体不満足」乙武洋匡著、講談社、1998.10.20

2009/04/12 23:00

投稿元:ブクログ

【No.69】乙武さんが「ニュースの森」のサブキャスターを務めた1年間のことが綴られた本。報道番組って大変そうだ。

2002/01/11 00:00

投稿元:ブクログ

「障害者は障害のことしかしゃべらない」
これがまちがっているのはよくわかる。
でも障害のことを伝えるのは大切なことだ。

2013/12/14 15:44

投稿元:ブクログ

今更だけど、読んでみた。

早稲田大学在学中に
ニュースキャスターとして、活躍。
その抜擢の経緯と、ニュースの裏側が
書かれていて、面白かった。

2011/04/02 02:35

投稿元:ブクログ

乙武洋匡という人の煩悩に出会える一冊。

乙武さんと言えば「五体不満足」
乙武さんと言えば「いつも笑顔」
乙武さんと言えば「人間のできた人」

全部合ってるけど、なんかちがう。
きっとこの人には、なにかあるはずだ。
そんな期待に応えてくれる本作は、ひとことで言えば

"「障害者」でひとくくりにしないでくれ。"

このメッセージに尽きると思う。
見た目はどうであろうと、人を好きになるし、怒るし、涙する。
それはまさしくその人が、人間であることの証明。でも忘れがちな証明。

自分は何人かの障害を持った人と接したことがあり、
ある人にはよろこばれたことが、ある人には激怒される。そんな経験をしていたので
この本は、「記号ではない障害を持った"人"」という事実を改めて考え直す
とてもいい手助けになってくれました。

2011/03/21 12:49

投稿元:ブクログ

乙武さんの学生キャスターとしての経験をぎゅっと圧縮して綴っているもの。とにかく文章が上手いのであっという間に読めてしまう。業界の人との関わりやインタビュアーとしての心情変化(成長)が伝わってくる。個人的にはもっと長くてもいい。

2013/10/13 07:22

投稿元:ブクログ

2013-10月13日
古い本だけど、早稲田大学在学中のニュースの森キャスターを務めた体験記。我が子と同世代の話、と思うと受け止め方も違ってくる。
好奇心、行動力、自分の意志がある!強い自分を持ちながらも人の気持ちを読み込むことに長けている。まわりのことへの冷静な判断ができるバランスの良さがすごい!!

2015/12/25 13:26

投稿元:ブクログ

この本の特徴は、物理的には、小学生でも読めるように、漢字に振り仮名を打ってくれています。たぶん、乙武氏の意見でしょうが、私は、本を読むときに漢字に苦労しているので、読むスピードが格段にましました。
 さて、本の内容ですが、乙武が早稲田大学の4年生の時に、『五体不満足』という本を出版して、ベストセラーになり、報道等から取材を受けているうちに、TBSの目に留まり、乙武を取材する側で仕事をしてもらったら、乙武しかできない彼独自の視点から取材ができるのではないか?という命題が浮かび、TBSの編集長が乙武に打診したところ、乙武も挑戦してみるということになり、TBSの『ニュースの森』1999年のサブキャスターとして、世界中を取材する奮闘日記です。

毎日見ているテレビ局のことがよくわかり、1分間、アナウンサーがしゃべるのに、1時間の取材が必要なこと。
大勢の力で、一つのニュースができていること。取材する側の苦労。取材するには、相手の心をひきださないといけないから、取材する側もされる側も傷つくこと。
 一人の人物を取材した場合、民法は、半年後。1年後にその人物がどのように変化したかを伝えるが、NHKは、伝えることがめったにないこと。

乙武は、障害者だから、障害者を取材しやすいだろうという安直な考えで、サブキャスターを承諾したくはなかったが、結果的に、バリアフリーという主題ばかりが、取材の対象になり、本人がやりたかったことと、仕事上の要求に差異が生じ、1年間でキャスタを降板することに。
 理想と現実のはざまが描かれた名本だと存じます。

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む