サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アメリカの鳥たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-530802-5
  • 国内送料無料

紙の本

アメリカの鳥たち

著者 ローリー・ムーア (著),岩本 正恵 (訳)

母は娘にまとわりついて、プロデューサーは女優を脱がせたがる。口先だけの男に退屈な夫、成就しない不倫。女と男の不安と孤独を、シニカルかつエレガントな筆致で描く短篇集。O.ヘ...

もっと見る

アメリカの鳥たち

2,484(税込)

ポイント :23pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母は娘にまとわりついて、プロデューサーは女優を脱がせたがる。口先だけの男に退屈な夫、成就しない不倫。女と男の不安と孤独を、シニカルかつエレガントな筆致で描く短篇集。O.ヘンリ賞受賞作を含む12篇。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

意欲 9-40
それ以上望んだら罰が当たる 41-70
ダンス・イン・アメリカ 71-86

著者紹介

ローリー・ムーア

略歴
〈ムーア〉1957年ニューヨーク州生まれ。コーネル大学創作科大学院修了。85年「セルフ・ヘルプ」でデビュー。現在、ウィスコンシン大学英文科教授。他の著作に「あなたといた場所」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「手ごたえのない結婚。不妊。途中までしかかなえられぬ夢。病気。死の予感」等々、明るい話は一つもないが

2000/08/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代アメリカの女性作家といえば、長老キャロル・オーツ、中堅アン・タイラー、新人ローリー・ムーアといった名がすぐ思い浮かぶが、日本同様かの国でも、男性作家も含め優れた才能は少なく、新刊が出たら絶対読む! と思える作家は、ほとんどいない。ぼくが最も高く買う作家は、初の短篇集『ストレート・レザー』が出るハロルド・ジェフィ(1938〜)[7月、新潮社より]くらいしかいない。とはいえ、新鋭に出会いたいとの思いは強く、1980年代にデビューしたローリー・ムーアも当然読み、短篇集『セルフ・ヘルプ』(85年、白水U ブックス。このデビュー作、大学院の博士論文として提出したもの)、同『愛の生活』(90年、白水社)、長篇小説『あなたといた場所』(86年、新潮社)と、とりあえず翻訳はすべて読みはしたがピンと来なかった。しかし、最新短篇集『アメリカの鳥たち』(98年)はとても面白かった。「意欲」から「すばらしい母親」まで全12作収録されているが、みな良かった。ここでは冒頭の「意欲」を紹介しておこう。主人公は40歳目前、マイナー映画(中にはポルノまがいのものもある)の女優である。彼女はある時、ハリウッドを引き払って故郷のシカゴに戻り、デイズ・インに週決めで部屋を借り、シェリーを飲み、ファースト・フードを食べる生活をしている。贅肉もどんどん付いてきた。プロデューサーは、しばしば電話をかけ、「早く戻って来い」と言うが、彼女に戻る気はない。彼女は夜になるとブルース・バーに通っていたが、その店でウォルター(ウォルト)と知り合い、たちまち半同棲生活を始める。彼は彼女のタイプではなく、男も、セックスをさせてくれるなら誰でもいいといった不実な浮気者だった。しかし彼女は彼から離れられず、この腐れ縁、当分は続くだろうとの予感で小説は終わるのだ。本作にはこの他にも「手ごたえのない結婚。不妊。途中までしかかなえられぬ夢。病気。死の予感」等々、明るい話は一つもない。にもかかわらず本書は、かの国のベストセラー・リストに顔を出したらしい。「ここにはああいう人しかいない」は、癌になった著者ムーアの息子をモチーフにした短篇、「きみがそう望むなら」は鳥類図鑑『アメリカの鳥たち』の著者、19世紀の自然科学者ジョン・J・オーデュボンの話である。写真のなかった時代には描かれた鳥たちはすべて撃ち殺されたものを写生したのだが、『図鑑』にある歪んだ鳥たちの姿、どこかローリーの小説世界とも通底していると「訳者あとがき」にあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/01 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む