サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

呪の血脈
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:20cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-187-5
  • 国内送料無料

紙の本

呪の血脈

著者 加門 七海 (著)

大学の研究生として民族学を学ぶ宮地紀之は、諏訪信仰の謎を追い、北アルプス山中で奇妙な神木を発見した。解き放たれた封印。現れたものは悪神なのか。諏訪信仰、裏の祭り、神の家系...

もっと見る

呪の血脈

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大学の研究生として民族学を学ぶ宮地紀之は、諏訪信仰の謎を追い、北アルプス山中で奇妙な神木を発見した。解き放たれた封印。現れたものは悪神なのか。諏訪信仰、裏の祭り、神の家系…。現代に甦る血の伝説を描く伝奇ホラー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

加門 七海

略歴
〈加門七海〉東京都生まれ。多摩美術大学大学院修了。美術館学芸員勤務を経て、「人丸調伏令」で小説家としてデビュー。ほかの著書に「あの風に訊け」「うわさの神仏」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

呪われた血筋

2002/07/05 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAIRA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子供の頃から何人もの死を見つづけてきた、高藤正哉。民俗学を学び、諏訪信仰の研究に没頭する、宮地紀之。今だ古の信仰が息づいている山中で神木の封印が解かれた時、二人の運命が動き出す。
 
 諏訪、神木、柱、鹿などのあらゆる信仰と、それに対しての独自の見解が織り交ぜられており、作者の様々な知識がより一層この作品を深いものにしている。
 加門七海の作品は、このような作者の博識が見所なのだが、今回は人の死を見つづけるという暗い定めを背負っているために他人を寄せ付けない高藤と、高藤のことが怖いのだがそれぞれの運命を打ち破るため一緒に行動する宮地の友情も一つの見所ではないかと思う。
 加門七海お得意の怪奇ホラー小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/17 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/29 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/09 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る