サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダリ全画集
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: タッシェンジャパン
  • サイズ:33cm/780p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料

紙の本

ダリ全画集

著者 ダリ (画),ロベール・デシャルヌ (著),ジル・ネレ (著),Kazuhiro Akase (訳)

サルヴァドール・ダリの、すべての油彩画を体系的に配列し、デッサンや著作から、バレエ、映画、ファッション、オブジェ、広告などのジャンルにわたる豊富な資料を添えて収録した、初...

もっと見る

ダリ全画集

6,995(税込)

ポイント :64pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サルヴァドール・ダリの、すべての油彩画を体系的に配列し、デッサンや著作から、バレエ、映画、ファッション、オブジェ、広告などのジャンルにわたる豊富な資料を添えて収録した、初の全画集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ダリ

略歴
〈ダリ〉1904〜89年。スペイン生まれ。画家、版画家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

計1648点もの作品を収録、780ページもあって6477円!

2000/08/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぼくは7月中旬、『畸人怪人伝』(双葉社)という本を出す。副題に「シュルレアリスト群像」と付けたように、本書はダリの妻ガラ、アルトー、バタイユ、ルーセルの4人を中心にした畸人怪人の伝記なのだ。4人とも、気に入った伝記の「長い書評」のような体裁、似たような本を纏めて書評する、一種の「レヴュ・アーティクル」と思ってもらえればいい。『ガラ』についてはフランスの女流作家ボナの『ガラ』(筑摩書房)を使った。ロシア出身のガラは、結核で入院中、後の詩人ポール・エリュアールと出会って結婚、娘をもうける。そこへ画家エルンストが登場、3人はセックス共有の共同生活を始める。その後、再び元の鞘に戻った彼らは、ある時スペインのダリ宅に遊びに行く。ダリはガラ好みの男ではなかったが、10歳年下の彼はガラにすっかり惚れ込み、結局ガラはポールを捨て、彼と暮らし始める。当時のダリは異常に臆病、童貞でもあったが、「あなたは天才よ!」とガラに暗示をかけられ続け、たちまちその気になる。後に二人して渡米、商才に長けたガラは、かの国の金持らの肖像画をダリに描かせ、CMにも積極的に出演させ、たちまち大金持になる。「天才を演じよ、さすれば天才になる!」という訳だ。本書は『全画集』『全菓子集』の2巻本を1冊に纏めたもので、計1648点もの作品が載っている。1920年代までのダリは、ごくごく普通の画家だったが、1929年『ポール・エリュアールの肖像』あたりから、パラノイア(偏執狂的)イメージが噴出、突然今日の「ダリ」になる。紛れもなく「ガラ効果」だろう。その後は同郷、同級でもあったブニュエルと組んで映画『アンダルシアの犬』『黄金時代』を作り、「自分こそが唯一のシュルレアリスト」だと公言もする。ダリの絵のモデルは、ほとんどガラだが、さして美人でもない彼女に、最後まで頼りきったダリは、ガラに「母親」を見、老齢になってからは、さすがにうんざりしていたようだが、最後まで「男」というより「息子」として遇したガラとの関係は、われわれ凡人には計り知れぬ謎めいたものがある。この『画集』、780 ページもあって6477円! 図書館にも入れて欲しいが、個人でも持っていたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む