サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

探偵の社会史 1 尾行者たちの街角
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 世織書房
  • サイズ:20cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-906388-81-7
  • 国内送料無料

紙の本

探偵の社会史 1 尾行者たちの街角

著者 永井 良和 (著)

明治41年、ひとりの男が風呂屋を覗き、女のあとをつけた。事件ののち、尾行は異常な行動だと考えられるようになったにもかかわらず「探偵」は増殖していく…。近代都市における人間...

もっと見る

探偵の社会史 1 尾行者たちの街角

2,700(税込)

ポイント :25pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治41年、ひとりの男が風呂屋を覗き、女のあとをつけた。事件ののち、尾行は異常な行動だと考えられるようになったにもかかわらず「探偵」は増殖していく…。近代都市における人間関係を「探偵」をキーワードに記述する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

永井 良和

略歴
〈永井良和〉1960年兵庫県生まれ。関西大学社会学部教授。専攻は都市社会学・大衆文化論。著書に「にっぽんダンス物語」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

デバカミスムスDebakamismusとはなにか?

2000/07/10 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:服部滋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 デバカミスムス Debakamismusとはなにか?
 法医学者・高田義一郎はこう書く。
「デバカミスム〔ス〕は世界到る処に沢山有る。しかしその例が欧米に少なくつて、日本に多いのは、変態者の分布の相違ではない、家屋の建築法に左右せられたに過ぎないのである。堅固な石材や鉄筋コンクリートで造つた、壁の厚い家では、鍵穴以外に覗く余地が無いのに反して、日本の障子や壁は指の先でさへ穴があく様に、弱々しく造られて居る」

 そう、「覗きの常習者」として今なお辞書にその名を残す出歯亀を、Debakamismusなる学術用語として用いよ、と高田先生は提案するのである。「建築が堅固だからといって、欧米人は覗きを諦めるだろうか」と、本書の著者・永井さんは首をかしげているが、先生はそんな疑問など屁とも思わない。「今後は欧米の斯学者を日本に留学させて、豊富なる我が国のDebakamismusの材料に関する研究に没頭せしめなければなるまい」と、ますます意気軒昂なのである。

 高田義一郎の件の文章が発表されたのは、1927(昭和2)年。雑誌「新青年」における「闘性術」なる連載においてである。闘性術とは、性欲といかに闘うか、ということらしい。この論文は翌28年、単行本『闘性術』として刊行されるが、「風俗壊乱の理由で発売禁止の処分」を受けたため大幅な削除を行ない、『統性術』として刊行しなおしたという。先生の悔しそうな顔が目に浮かぶようだが、これしきのことで怯む先生ではない。35年には『改訂増補 闘性術』を再刊する。先生の一途な情熱にもかかわらず、デバカミスムスは残念ながら学術用語として定着しなかったが、ここで注目しておきたいのは「覗き」という行為そのものではなく、それへの命名行為である。

 池田亀太郎なる植木職人が銭湯帰りの女性を暴行し絞殺した「出歯亀事件」が起こったのは1908(明治41)年。この事件は冤罪の可能性があるというが、それはさておき、「江戸期から明治初期にかけての銭湯では『覗き』が半ば常態化していた」という。従って、それまで「覗き」はたんなる「覗き」に過ぎなかったが、この事件によって「覗き」は新たに出歯亀と命名され、その名のインパクトによっておおいに脚光を浴びた——すなわち、アリエス風にいうなら、出歯亀事件によって人は「覗き」を発見したというわけである。やがてクラフト=エビングの『変態性欲心理』、フロイトの『性理論三篇』のわが国への導入によって「『覗き』行為が『窃視症』という名の『病理』としてクローズアップされ、『変態性欲』の一カテゴリーとして定位されていく」。

 ことは「覗き」のみにとどまらない。近代の「新しい雑踏空間の誕生は、新しい犯罪」を生みだし、それに伴って「犯罪捜査の近代化」をも促す。都市化の進行は、一方で個人を匿名的な存在と化し、向こう三軒両隣は、見知らぬ隣人たちの挙動を「窃かに」窺う探偵たちの街角へと徐々に変貌を遂げていく。「探偵と云へば二十世紀の人間は大抵探偵の様になる傾向があるが、どう云ふ訳だらう」と、独仙君が『吾輩は猫である』でいみじくも嘆息したように。

 本書は、博捜した資料に基づき、出歯亀事件を端緒に日本社会の近代化の道筋を、「探偵」をキイワードにしながらたどっていく。ダンスに着目した前著『社交ダンスと日本人』(晶文社)といい本書といい、著者の目の着けどころが光っている。  (bk1ブックナビゲーター:服部滋/編集者 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会病理・犯罪 ランキング

社会病理・犯罪のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む