サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本語必笑講座
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210171-8
  • 国内送料無料

紙の本

日本語必笑講座

著者 清水 義範 (著)

政治家のことば、ニュース・キャスターのことば、漫才のことば、流行語変遷史などの中から、ことばの魔術師・清水義範がコレクションした、思わず吹き出すヘンテコことばの大見本市開...

もっと見る

日本語必笑講座

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

政治家のことば、ニュース・キャスターのことば、漫才のことば、流行語変遷史などの中から、ことばの魔術師・清水義範がコレクションした、思わず吹き出すヘンテコことばの大見本市開催。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

清水 義範

略歴
〈清水義範〉1947年愛知県生まれ。愛知教育大学卒業。88年「国語入試問題必勝法」で吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に「青二才の頃」「二重螺旋のミレニアム」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本語は大事にしよう!と清水先生はおっしゃいます。同感です。

2002/04/07 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:torikata - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いや、言われてびっくり、「新しい」って「あたらしい」と読むのに、「新たな」って「あらたな」ですよね。「あたらな」じゃないですよね。「た」と「ら」の語順がひっくりかえってますよね。「秋葉原」がかつて「秋葉(あきば)様のお宮があるから、「あきばはら」だった」というのは以前聞いたことがあるのですが、「新しい」「新たな」は知らなかった。40年も生きてきたのに。
 清水先生は、「政治家」「CM」「漫才」「天気予報」などなどの言葉をあげつらうというか茶化すというか分析していきます。そうですね、今や国民は「天気図見たらだいたい天気がわかる」から「TVの予報士はあっちこっち出かけたり、いろんな雑学を並べ立てないと、番組にならない」んですね。読書感想文の書き方もなかなかですね。これ広まると、小学生や中学生はこれ一色になりそうですね。もう、気づかずに実践している子供もたくさんいそうです。みんな(特に中年以上)の大好きな日本語を面白く語った本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読書感想文の書き方のところは読む価値あり

2002/05/17 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉について書かれた本。
必笑というだじゃれの題名はちょっとどうかと思ったが、内容はおもしろい。読書感想文について書かれたところ「いい感想文が書けることよりいい感想がもてる人間になることがまず先決」など、感動してしまった。
そのほか敬語の所では、ある女性が夜分友達に電話したら親が出てあわてて敬語にしたら変になった、という話に爆笑してしまった。
いやいや馬鹿に出来ない一冊。
まさに楽しくためになるって感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑える日本語がいっぱい

2001/06/24 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ことばに関するいろいろなエッセイのようなものの寄せ集めである。中でも面白かったのが、「ヘンナ語みっけ!」という章である。『犬のフンをしないで下さい』といった文章が集められている。特に面白かったのが丁寧語の「お」を付けたせいで文章がおかしくなったもので、例えば次のようなものである。
 「ある若い女性が夜遅く友人の家に電話をかけたところ、友人の親が出てしまったそうだ。あわてたし、親にはいい言葉を使わなきゃ、とも思ったその女性は思わずこう言ってしまったとか。『お夜分どうもすみません』」。これには笑ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/20 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/18 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/25 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む