サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マチスとピカソ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:29cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-12340-2
  • 国内送料無料

紙の本

マチスとピカソ

著者 イヴ=アラン・ボア (著),宮下 規久朗 (監訳),関 直子 (訳),田平 麻子 (訳)

影響を与え合ったマチスとピカソ。互いにねたみ、いがみ合っても、誰よりも気になる相手。二人は絵画上の「対話」の絆で結ばれていた−。「対話」という概念でマチスとピカソの絵画の...

もっと見る

マチスとピカソ

8,100(税込)

ポイント :75pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

影響を与え合ったマチスとピカソ。互いにねたみ、いがみ合っても、誰よりも気になる相手。二人は絵画上の「対話」の絆で結ばれていた−。「対話」という概念でマチスとピカソの絵画の展開を検証する。図版231点収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イヴ=アラン・ボア

略歴
〈ボア〉1952年アルジェリア生まれ。ハーヴァード大学教授。近代美術史専門。マチス、ピカソから戦後アメリカ美術、特にミニマル・アートにいたる20世紀美術について幅広く研究。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

構図・色彩ともに似たような絵を並べられてみると、「うーん、クリソツ(そっくり)」と思わず唸るが

2000/08/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は1999年春、テキサス州フォートワース、キンベル美術館で開かれた展覧会のカタログである。以前紹介した『フェルメールとその時代展』(河出書房新社。7月4日より、上野・国立西洋美術館で開催中)、214 頁で3000円だったが、本書は270 頁で7500円とはいくら何でも高すぎるのではないか。さらに言えば、これまた本誌でも紹介済みの『ダリ 全画集』(タッシェン、丸善)、780 頁で6477円!である。それはともかく美術史上のライバルといえば、古くはレオナルド/ミケランジェロ、ターナー/コンスタブル、アングル/ドラクロア、現代作家ではジョーンズ/ラウシェンバーグなどが挙げられるが、最大のライバルはマチス(1869〜1954)/ピカソ(1881〜1973。ピカソが12歳年下) との見方もできる。また、冒頭にある2人の作品『石膏像のある静物』(マチス・1916) 、『静物 胸像、鉢、パレット』(ピカソ・1932)、『黄色い髪の女』(ピカソ・31)、『夢』(マチス・40) など、構図・色彩ともに似たような絵を並べられてみると、「うーん、クリソツ(そっくり)」と思わず唸るが、とはいえ、これらの絵は例外中の例外で、言うまでもなく2人の個性、画風ともにまったく異なり、好き嫌いは観る者の勝手だが、この2人、20世紀の二大巨匠と言ってもいいだろう。本書の巻末に、2人の関係に焦点を当てた「年譜」があるので、少しだけ書いておこう。1920年代後半、マチスは霊感に見放されて寡作、ピカソは『アクロバット』『オダリスク』『画家のアトリエ』など、マチス作品を暗示する絵を描く。1930年、パリでマチスの彫刻展があり、ピカソ、大いに感動。またこの30年、マチスは3度も渡米、『ダンス』の最初のスケッチも描く(33年完成)。34年、NYの限定出版社がピカソに『女の平和』(アリストファネス)、マチスに『ユリシーズ』(ジョイス)を依頼する。40年、2人は戦争のため、45年まで会えない。ぼくは両者の絵ともに好きだが、ピカソは「青の時代」、マチスは、デザイナーのような色彩感覚とフォルムによるリトグラフがいい。ロラン・バルト派の美術史家イヴの主著『モデルとしての絵画』、概要が『美術手帖』(96年5月号)に載ったらしいが、是非全訳を出して欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む