サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 宗教
  5. 四季社
  6. 住職がつづるとっておき平等院物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

住職がつづるとっておき平等院物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 四季社
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88405-033-9
  • 国内送料無料

紙の本

住職がつづるとっておき平等院物語 (日本の古寺)

著者 神居 文彰 (著)

平安時代の童歌に「極楽いぶかしくば、宇治のみ寺をうやまえ」と謳われた平等院。京童たちは何を見て、いのちの先を再び信じ直したのか。その謎を、最近の学問的成果を交えつつ、平等...

もっと見る

住職がつづるとっておき平等院物語 (日本の古寺)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平安時代の童歌に「極楽いぶかしくば、宇治のみ寺をうやまえ」と謳われた平等院。京童たちは何を見て、いのちの先を再び信じ直したのか。その謎を、最近の学問的成果を交えつつ、平等院住職が平易な言葉で綴るエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「極楽いぶかしくば、宇治のみ山をうやまえ」光と水の寺の神秘

2000/07/30 06:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:近藤富枝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宇治は京都の地つづきとも考えられるけれど、京とは違う神秘的なかおりが漂っているように思え、気になってならない土地なのである。

 「平等院物語」の冒頭を読むと、
 「極楽いぶかしくば、宇治のみ山をうやまえ」
 という平安時代の童歌(わらべうた)が挙げられているが、そのいみを私は全く単純に解釈していたので、本書を読んで著者の奥深い考えにはじめてびっくりしたのであった。
 他にも読むほどに、さまざまの発見や再認識があった。あの宇治川の流れの速さを見たとき、穏やかな山々の姿との対比に一瞬驚いたことがあった。しかしそれだけではなく宇治は名水の地でもあり、「阿弥陀水」と「法華水」という湧き水が昔、平等院にはあって、水の宇治というネーミングがふさわしいようだ。太閤秀吉は毎朝宇治川の水を伏見城まで届けさせたというエピソードも面白い。

 著者はある雪の朝、平等院にある鳳凰堂で壁間にある「雲中供養菩薩」をとり外す作業を手伝いながら、ふと堂内のあまりの明るさに驚く。

 一種の天啓かも知れない。堂内にさしこむ自然光のあまりの豊穣さに感動したのだ。平等とは水と光のことだと著者は語るが、新鮮な感じである。

 たまたま私は上野の博物館で平等院の秘宝を拝観してきたばかりなので、五二躯の「雲中供養菩薩」たちが平等の光のなかで、美しい表情をさまざまに見せていたのかと思うと想像しただけで胸が躍ってくる。

 重厚な歴史を背景に、修理につぐ修理という苦難を経なからこの寺を守った人々のこともこの本には書かれている。この寺の創建者である藤原頼通も登場するが、温和な人柄であったことはよく知っていたが、さらに彼が美に対してみごとな感覚の主であることをこの書によって知った。

 文献では鳳凰堂の池の対岸正面に小御所という建物があるが、頼通の美意識の良さや作庭の才から考えると、景観を破壊する位置に小御所の建物があったとは考えられないと著者は述べている。果して頼通在世中には小御所はなく、のちに娘の四条宮の建立であることがわかった。

 とにかく、宇治は茶どころなどという評価で終るところではない。平等院にまつわるかくれ話は際限もなく多いらしい。しかしこの著者の一番訴えたいのは、美術的にこの上なくみごとな平等院が死を考えるための建物であるということである。

 「平等院が『光の寺』と呼ばれるのは、随所にしつらえられた自然光の細工が、訪れる人の心の琴線にゆさぶりを与え、人は死すべき身を思い出すのです」と著者は述べている。 (bk1ナビゲーター:近藤富枝/作家 2000.07.29)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む