サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社ノベルスの通販
  7. 殺竜事件 A case of dragonslayerの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182135-4
新書

紙の本

殺竜事件 A case of dragonslayer (講談社ノベルス)

著者 上遠野 浩平 (著)

竜。それは善悪を超越したもの。勇者を十万、軍を千万集めても倒せぬ無敵の存在。その力を頼りに戦乱の講和を目論んだ矢先に、不死身の竜が完全閉鎖状況で刺殺される。戦地調停士ED...

もっと見る

殺竜事件 A case of dragonslayer (講談社ノベルス)

税込 1,034 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

竜。それは善悪を超越したもの。勇者を十万、軍を千万集めても倒せぬ無敵の存在。その力を頼りに戦乱の講和を目論んだ矢先に、不死身の竜が完全閉鎖状況で刺殺される。戦地調停士EDは謎に挑むために旅立つ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

上遠野 浩平

略歴
〈上遠野浩平〉1968年生まれ。「ブギーポップは笑わない」で第4回電撃ゲーム小説大賞受賞。他の著書に「ブギーポップ・ウィキッドエンブリオ炎生」など。

掲載中の特集

ファンタジー 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

おもしろい

2003/05/29 18:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまのぼり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブギーポップシリーズよりシンプルで読みやすい。キャラクターも個性的ですてきだ。続いていて、ちょい役だったキャラクターもどんどん出てきておもしろくなりそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異世界だけど、やっぱりおもしろい!

2003/01/25 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:言ノ刃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで発行してきた作品(例えばブギーポップシリーズとか)とうって変わって、いきなりミステリーですかぁぁ!!
と、最初自分は思いました。
なかなかに面白く、かつ引き込まれていってしまいました。ミステリーというジャンルはここ最近になって読み始めたのですが、異世界を舞台にした話というのはそうそうないと思います。おまけにこの異世界、魔法が飛び交うという設定なので、こちらの世界とは正反対だという点でも魅力ある作品だと思います、
それにしても、不死身の存在がなんで殺されなきゃならんのだぁぁ、と思ったのですが。
これを心に留めておいて読んでいくと、結構候補となる理由が出てきます。なるほど、そういう目的か?とか、そういう考えもあるんだなぁとか。いずれの理由にせよ、その根本にあるのは『欲』かな、と思いました。やはり舞台や歴史やいろいろなことが違っても人間の『欲』というのは絶対的に存在するのだと思います。
そしてそして、旅をする三人もそうですが容疑者候補達もかなりな方々です。個人的にキャラだけ見ていっても相当楽しめました。うん。ココの点は読んでみないとわかりません!
最後に一つ。これはきちっとした一本モノとしても読めますが上遠野さんの他作品やシリーズを知る人にとっては「あぁっ!」というところが随所に出てきますので…チェックしてみると良いです。

果たしてこのシリーズ、どんな事件がこの先起こるのか楽しみです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリちゃいますファンタジーだす。

2002/02/16 23:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:電気屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本作は笑っちゃうくらいに古典的なミステリのパターンを踏襲してるっス。もーね、ミステリちうよかいっそ探偵小説と言ったほーがいーんでない? てなくらい。
 奇矯な探偵役に有能で常識人のワトソン役がサポートちう人物配置。密室殺竜(!)に解決までのタイムリミット。殺されたのが竜であるって以外は思っくさお約束通りっス。もちろんトリックあって、ちゃんと最後に名探偵がみんな集めて「サテ」とやらかします。
 でも、コレはファンタジー。読み終わってみれば、トリックも謎解きも、限りなく神に近く、しかしながら神では決してない存在である竜こそが物語の核をなしているのに気づかされるはず。そう、コレはやっぱりいつも通りの上遠野節なんであります。
 よりくわしくは、コチラなぞご覧あれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政治的な思惑ひしめくこの世界のあるべき未来とは?

2005/04/22 14:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説は冒険小説である。

少なくとも私はそう思う。舞台設定はファンタジーであるし、ミステリ的要素もあるが、それ以上に異世界を旅する感覚が何よりも味わい深いのです。著者によるあとがきにも「この作品は旅の物語である」とはっきり書いてあって、やっぱり!と大いに頷きました。

魔法が日常的に使われる世界。
騎士や魔導師が存在し、各国の様々な思惑によって戦争が行われている。
長期化した戦争の停戦協定を結ぶため「戦地調停士」を初めとする面々が独立都市、ロミアザルスに集結した。
ロミアザルスはどの国にも干渉されない中立の地である。それは竜が棲み、守る土地だからだ。
この世界における竜は圧倒的な存在であり、竜の前では人間など何の力も持たない。

そんな竜が殺された。

術が施され、許可なく足を踏み込むことの出来ないはずの閉鎖された空間で、何者かに刺殺されたのだ。
これらの謎を解明するため、第1発見者となった戦地調停士EDと仲間は、過去に竜に面会した記録のある人物を訪ねる旅に出るのだが…。

EDと共に旅をするのは、女性でありながら特務大尉を勤めるリーゼと、風の騎士として名の知れた少佐ヒースロゥの2人で、物語はリーゼの視点で進んでいきます。
クセのあるEDの語り口調は好みが分かれると思いますが、とても興味をそそられる人物で、この1冊では語りきれない過去や、大きな決意が垣間見れ、続編への期待も膨らみます。
また、真っ直ぐな気性で男気溢れるヒースロゥの人柄も、EDと絶妙なコンビネーションで物語を引っ張ります。
バランスを取るためなのかリーゼにあまり個性が見られないのが残念ですが、旅先で出会う人々が3人以上に魅力的で、そこもまた冒険小説として面白く読めるポイントなのかなと思います。
キャラクターがその世界で「生きている」姿が目に浮かぶのですよ。
そしてその人物達を通じこの独特な世界観に触れることで、読んでいる私自身も違和感なく異世界の住人になれるのでしょう。

ミステリとして読むとなると、そもそも前提となる世界観がアンフェアなのはこの際目をつぶるとしても、やはり読者に対する情報の提示が段階的で「後出し」の感じがするのは否めません。
やはりそれはファンタジーの宿命なのでしょうか。
ただ、その世界観に頼ることなく、きちんと論理的な推理を進めているのはさすがです。
たとえ推理の材料の出し方に違和感があったとしても、決してそれは読者を裏切るものではなく、きちんとミステリとして成り立っています。

ミステリとして期待して読んだ感想なので★2つと辛口ですが、やはり本書の楽しみは「謎解き」ではないと思うのです。
政治的な思念のひしめくこの「殺竜事件」の世界を旅し、EDと共にあるべき世界を創造していく、そんな未来に思いを馳せて…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーでもファンタジーでもない

2002/07/14 16:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:boogie - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとヤバイほどつまらないです上遠野さん。
「不死身のはずの竜が殺された。犯人は誰だ?」という問いに従って世界中の犯人候補を訪問していきます。のっけから「不死身じゃないじゃん!」と突っ込みたくなるのを押さえて読み進めていくと、この世界観(魔法と機械のファンタジー世界)がどうしても鼻につきだします。というか文章も進め方もまとめ方も、すべてが中途半端な感が否めません。これはミステリー?(いいや違う)、それじゃあファンタジー?(これも違う)。中途半端な世界を中途半端なまま旅している感じです。登場人物の経歴も、微妙なところで出し惜しみされているような。
ところでこの話、ブギーポップなどの他の上遠野作品とも繋がっているようです。ファンは一読してみるとすぐにわかるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/19 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/10 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/29 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/02 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/11 02:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/24 05:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/24 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/24 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/03 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/09 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。