サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コンピュータ・IT・情報科学の通販
  4. ソフトウェアの通販
  5. エクシード・プレスの通販
  6. Photoshop自動化計画 For Macintoshの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Photoshop自動化計画 For Macintosh
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: エクシード・プレス
  • サイズ:24cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89369-793-5
  • 国内送料無料

紙の本

Photoshop自動化計画 For Macintosh

著者 インフォメディア (著)

Photoshopの操作をボタンひとつで自動処理してくれる機能「アクション」の操作方法、運用方法、オンラインからのダウンロードや、ImageReady、Illustrat...

もっと見る

Photoshop自動化計画 For Macintosh

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Photoshopの操作をボタンひとつで自動処理してくれる機能「アクション」の操作方法、運用方法、オンラインからのダウンロードや、ImageReady、Illustratorなどの自動化も紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

画像処理ソフトの定番Photoshopを自動化するためのチップスと実例がいっぱい

2000/07/18 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:近藤龍太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パソコンを使っている人なら、一度はPhotoshopの名前を耳にしたことがあるだろう。フォトレタッチ、画像処理の分野ではまさに定番といわれるソフトである。およそ画像を扱うデザイナーであれば、プロダクトデザイン、エディトリアルデザイン、等、デザインの分野を問わず利用されている。もちろん、Webデザインだって画像を扱う以上は必須といってよい。

 これほどまでにPhotoshopが定番化した理由は、その機能が豊富で動作が確実であるのはもちろんだが、徐々に進化してきたために、使いこなしのための情報量が多いということもあげられるだろう。

 本書も、そうしたPhotoshopの使いこなし本の一冊だが、他の解説書とは異なり、Photoshop全般の解説は一切なく、アクション機能の解説だけに終始している。これも、専門家が使うツールならではの企画であるといえるだろう。

 アクション機能というのは、コマンド実行を自動化するPhotoshopの機能である。したがって、本書がなければ使えないという機能ではない。しかし、実際に使ってみるといくつか不便な点や、使い方の不明な点がある。このくらいの規模のアプリケーションになると、マニュアルなどでは一つの機能についてあまりスペースを割いていないし、市販の解説書でも通り一遍の解説で終わってしまうことが多く、実践的にはあまり参考にならない場合が多いのである。

 したがって、ユーザーはカットアンドドライで動作を確認しながら使っていかなければならない。ところが、いろいろ試行錯誤するというのは時間がかかる。アマチュアならばそれ自体が楽しみだからかまわないのだが、プロというのは時間でナンボのものだから、あまり無駄もしたくない。そのうえ、始終使う機能ならばよいのだが、たまにしか使わない機能だと、せっかくの研究結果を忘れてしまうことにもなりかねない。そこに、本書のような解説書の出番があるわけである。

 画像処理の自動処理というとピンと来ないかもしれないが、アーティスティックな処理では少ないが、商業的な仕事では結構発生する。たとえば、DTPで扱う画像には一定の約束事があって、それ以外のデータはトラブルの元になる。そのため、大量に画像を張り付けるような仕事では、すべての画像に対して一連の同じコマンドを実行して保存するといったケースが頻発する。このようなときにアクション機能が活躍するのである。

 本書では、基本的な使い方やチップスのほかに、Photoshopと連携するImageReadyのアクション機能についても解説しているので、Web画像の処理を自動化したいと思っているユーザーにも役立つことだろう。 (bk1ナビゲーター:近藤龍太郎/電脳評論家・DTPデザイナー 2000.07.17)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コンピュータグラフィックス・画像処理 ランキング

コンピュータグラフィックス・画像処理のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む