サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. フィーヴァードリーム 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フィーヴァードリーム 上(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.7
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-80045-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

フィーヴァードリーム 上 (創元推理文庫)

著者 ジョージ・R.R.マーティン (著),増田 まもる (訳)

フィーヴァードリーム 上 (創元推理文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

人間と吸血鬼の熱い友情

2006/01/29 23:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Leon - この投稿者のレビュー一覧を見る

未だ鉄道網が整備されていない19世紀半ばのミシシッピ流域では、住民達の足として蒸気船が大活躍していた。
アブナー・マーシュはベテラン船長であり、今や定期航路会社を運営する身でもあるのだが、事故や河川の凍結で殆どの持ち船を失ってしまった。
マーシュには夢があった。
誰もが口を揃えてその美しさと速さを語り、ミシシッピ最速の名を欲しいままにしている蒸気船エクリプス号と自分の持ち船を競争させ、打ち破ることを夢見てきた彼だったが、その夢は費えたかに見えた。
しかし、そこへ突然の共同経営の話が持ちかけられる。
謎めいた男ジョシュア・ヨークが巨額出資の見返りとして共同経営者に求めたのは「口の固いこと」、「信用のおける人物であること」、「勇気があること」の3つで、マーシュに白羽の立ったというわけだ。
間もなく、ヨークの出資によってエクリプス号に負けるとも劣らぬ最新型の船側外輪船「フィーヴァー・ドリーム号」が就航し、二人の船長マーシュとヨークはミシシッピに乗り出した。
順調な滑り出しに見えたフィーヴァー・ドリームの船出だったが、やがてマーシュは、日没後にしか船室から出てこないヨークの奇行に疑いを持ち始めるのだった・・・
装丁は黒と白が半々に塗り分けられたシンプルなものだが、本書のテーマに実によくあっている。
南北戦争前夜が舞台となっているため、白人による黒人迫害の場面などが多々あると共に、本書は昼の種族である人間と夜の種族であるヴァンパイアの物語でもあるからだ。
人間の文明化に伴い次第にその数を減らしていたヴァンパイア達は、欧州を逃れて新大陸へ渡って来ていたという設定なのだが、ヨークもその末裔の一人であり、マーシュに夢があるようにヨークにも独自の夢がある。
彼の夢とは「血の渇望」から自由となって自分の一族が人間達と友好的な関係を築くこと。
次第に強められていく二人の友情の前に立ちふさがるのは、太古より存在を続けている狂気のヴァンパイアにして<血の支配者>ダモン・ジュリアン。
ジュリアンとの幾度かに亘る対決は当然のことながら見所になっているが、物語の殆どが展開する蒸気船上の描写がフィクションの世界にリアリティを与えていて、ボイラー室の熱気やデッキを吹き行く風が感じ取れるようだ。
最も本書を面白くしているのはマーシュとヨークという対照的な二人の男の熱い友情で、お互いの熱狂的な夢(フィーヴァードリーム)を叶えるために手を差し伸べあう様子が感動的である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

吸血鬼と人間の間に友情は成立するか?

2001/03/31 04:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スギモト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ああ! オールタイムベストには必ず入れる、大好きな小説がいつの間にか重版されていました! ず〜っと版元品切れで、もう二度と手に入れることは出来ないんじゃないかと思っていた大好きな作品です。
 刊行当時、
「珠玉の青春小説にしてグルマン小説でもある…」<うろ覚え
 みたいな感じで北上次郎さんが絶賛してました。吸血鬼と人間の間に友情は成立するか? というめちゃめちゃ魅力的なテーマで紡ぎ出された物語。
 舞台は南北戦争前夜、蒸気船全盛時代のアメリカ南部。じっくりと書き込まれた時代背景、効果的に張り巡らされた伏線、男と男の信頼と友情の物語が重厚に積み上げられて、至福の時を味あわせてくれます。
 “男と男の信頼と友情”なんて手垢のついたテーマですが、 主人公マーシュ船長とジョシュア・ヨークの間には種族の壁(人間と吸血鬼)が立ちふさがっていて、その状況の困難さが友情の美しさを一段と気高いものにしています。
 信頼、友情を求める二人、しかし二人の関係は“捕食者と獲物”というハードな設定。もう、クラクラきちゃいます。
 「珠玉の青春小説にしてグルマン小説でもある…」(北上次郎)
 というのは、このお話、妙に食事シーンの描写が細かいです。おまけに出てくる料理のうまそうなこと!
 給料日にはギネスとジャンバラヤ!を毎月の楽しみにしているぼくにとって、アメリカ南部料理は思いっきりツボなので、そういう意味でも○! とにかく素晴らしい小説です! ゼヒゼヒ!

 ぼくが持っていたの(<心の友にあげた)とはカバーが違っちゃってますが、重版されたことを知ったときは本当にうれしかったです♪ Special Thanks!>東京創元社

Loud Minority

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

血のごとく流れる河とともに

2006/04/08 21:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アブナー・マーシュ。赤ら顔に黒髭、ひしゃげた鼻に、あばただらけの顔。河一番の醜男とも評されるが有能な蒸気船の船長でもあった。事故でもち船のほとんどを失うまでは。落ちぶれていた彼に声をかけたのは、ジョシュア・ヨークと名乗る美貌の青年。資金の援助をするからある船を作り、船長となって欲しいという。その代わりヨークの奇行、夜にしか起きださない等々には一切触れないで欲しいと。マーシュは迷った末に契約を取り交わし、河で一番美しく、大きく、速い船、フィーヴァードリーム号を建造した。しかし、ヨークは何者だ? 青白い顔、細い腕、そのくせ目の置くに浮かんでいる正体不明の光……。二人には友情が芽生えるもののヨークの正体はマーシュの予想をはるかに裏切るものだった……。

決して人当たりのいい人物とは言えない醜男マーシュと、対照的に好青年(夜は)かつ美青年のヨーク。たんなる商売の契約関係ではなく、次第に信頼関係を築いていく二人の関係の機微が細部まで描かれている。吸血鬼モノらしい耽美さはないが、剛毅なマーシュの傍目にはわからない誠実さこそヨークに必要だった友情なのだろう。この二人の対等かつ複雑な関係と、支配者然としたダモン・ジュリアンとその誘惑に屈服したサワー・ビリー・ティプトンの主従関係が見事な対比をなし、黒と白というシンプルな表紙の効果を引き立てている。

ヨークが自らの正体をマーシュに告白するに至り、人間と彼らの違いとは何かという問題提起が生まれる。本書はホラーではないし、吸血鬼に付きまとっている恐怖感もマーシュ船長の豪気な性格ゆえに薄らいでしまっている。しかし、河の流れとともに交流と友情を深めていく二人の物語は感動的だ。下巻の行く末を見守りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

編集部コメント

2003/02/22 21:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北上次郎さんが推薦!
「異色の友情小説であると同時に、これはきわめて希な吸血鬼小説の傑作である」

『SFマガジン』ベストSF1990 第1位!
時は南北戦争前夜。ミシシッピ川で最も速く最も美しい蒸気船“フィーヴァードリーム号”を舞台に繰り広げられる、知られざる吸血鬼たちの戦い。「吸血鬼の救世主」の座をめぐる争いに巻き込まれた人間の船長が見たものは……。『七王国の玉座』で話題沸騰のマーティンに「この一冊あり」と謳われる、感動の大作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 13:08

投稿元:ブクログ

吸血鬼ものはあまたありますが、この本は別格で好きです。読み始めたら最後一気にラストまで読みたくなりますよ!

2005/06/29 19:29

投稿元:ブクログ

はっきり、同人系です(笑)でも、同人系が好きなヒトにはまちがいなくツボです。ハマったら蒸気船の図鑑が欲しくなるにちがいありません。

2006/02/11 02:11

投稿元:ブクログ

これは男の友情の物語なのです。フィーヴァー・ドリーム号という蒸気船にかけた船長と吸血鬼の熱い夢。吸血鬼の一族を、吸血という呪縛から解き放とうとするジョシュア。彼の正体を知りながらも、友情と協力を約束する海の男(ミシシッピ河だけど)船長。種族を越えた夢で結ばれる友情は、男のロマンです!かっこいいぜ、船長!親父だけど。物語は、ジョシュアと対立する吸血鬼との戦いもあるんですが、全編を貫くのは友情です。ラストシーンとエピローグにはじーんときました。

2006/01/14 00:12

投稿元:ブクログ

吸血鬼もの。世に数々の吸血鬼小説があり、結構な数を読んできたとは思うのだが、しかし私が白眉と思っているのがこれだ。知られてない本だよね。もったいない。始まりは一八五七年、セントルイス。ミシシッピ川を行き来する蒸気船を舞台に、幕は切って落とされる。主人公は美形でも何でもないジジィだし、出てくる吸血鬼は実はなさけなくて格好良くもないし……しかし、このストーリィテリングには、そんなことはどうだってよくなってしまう。実に見事だ。こんな小説が埋もれているなんて、犯罪に近いんじゃないかと思う。エピローグが良いんだこれが。実によい。こんな見事なエピローグを、私も書いてみたいもんだけどね。すごいよこれ。

2006/10/18 22:10

投稿元:ブクログ

これを手に取ったのは、「氷と炎の歌」シリーズが現在文庫で連続出版中であるから、というのもあるのだけれど、一番の理由は帯に書かれた紹介文に興味を持ったから。曰く───
>異色の友情小説であると同時に、これはきわめて希な吸血鬼小説の傑作である。

 そして、あらすじの文章
>ジョシュア・ヨークは謎めいていた。事故で持ち船を失った船長のアブナーに莫大な資金を提供し、壮麗な蒸気船フィーヴァードリーム号を建造させた男。ミシシッピ川での船旅がしたいと言うくせに、昼間は船室に閉じこもって夜しか姿を見せない。そう、アブナーはまだ知らない。ジョシュアが仲間の吸血鬼を率いた血の支配者であることを!

で「読む!」と飛びついたわけです。もともとはホラーとか吸血鬼小説はあまり読まないのですが、人間と吸血鬼の友情物語というのに惹かれたのと、舞台に船(川を行く外輪蒸気船ですが)が沢山出てくるところが帆船好きの私にはツボでした。
 この話の主人公である船長アブナー・マーシュは(年もいっているし、川で一番醜い男と呼ばれているのですが、そこは脳内変換で・笑)頑固で、でも断固とした強さの持ち主で、回転が素早いとは言えなくとも頭の良い人物で。もう一人の主人公ジョシュア・ヨークは年齢の判らない、けれど力強く美しい人物で、強い意志と理想の持ち主でもあって……。ジョシュアの意図は? 二人の間に友情が成立するのか? ね?興味を惹かれる設定ではありませんか。
 友情の行方も気になりますが、「吸血鬼」というものの解釈自体も面白かったです(吸血鬼を単なるモンスター扱いではなくて、いくらかでも説明づけようとした場合、「血液の病気」で新しい血を取り込む必要がある、という設定をよく見かけます。が、この小説ではちょっと違う設定なんです)。
 あ、でもちょっとグロいといえなくもない描写が結構出てくるので、そういうのが駄目な方はご注意を。

2006/07/02 20:55

投稿元:ブクログ

名作です。吸血鬼ものというジャンルを超えて、名作です。吸血鬼と人間は共存可能なのか・・・という普遍のテーマ。
最後まで読んだときの感動は忘れられません。
ちなみに私の持っているバージョンは表紙がイラストになっていて、ものすごくかっこいいジョシュアがみれます。

2006/09/03 02:06

投稿元:ブクログ

吸血鬼モノに一時期ハマって読んだ。
ライトなので、ダークファンタジーの初心者にお薦め。サクサク読めて面白い。

2008/01/13 13:46

投稿元:ブクログ

吸血鬼と人間との間に友情は成立するのか?

新旧の吸血鬼が対決する場面も最高。

私にとっての吸血鬼小説最高傑作はコレ!と断言できるほど、突出している。

2011/05/28 23:42

投稿元:ブクログ

19世紀のミシシッピ川を運行する船が舞台となる吸血鬼ものですが、恋愛の絡まない設定は珍しいのではないでしょうか。
これは男の友情ものです。吸血鬼と人間という異種間にあって、揺れ動きつつもいかに信頼が築かれていくか。敵対する吸血鬼の王にも補佐する人間がいるのですが、彼らとの違いが、最後に残酷なまでの結末の違いへと繋がります。
ホラーですので少々露骨な表現もありますが、読み応えは充分にあります。

2013/10/23 12:06

投稿元:ブクログ

おぞましい吸血鬼ストーリーの中に、厚い信頼と友情や、信念に貫かれたブレのない生き方を見た!読み応えアリ〜

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む