サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

官僚司法を変える 法曹一元裁判官
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: 現代人文社
  • サイズ:22cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-906531-84-9
  • 国内送料無料

紙の本

官僚司法を変える 法曹一元裁判官

著者 後藤 富士子 (著)

官僚司法を変える 法曹一元裁判官

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

法曹一元問題の本質と広がりを見通すことができる絶好の書である。

2000/11/20 17:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:『月刊司法改革』 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 司法制度改革審議会の発足により、法曹一元実現の好機が到来した。その実現に向けて今、日弁連など弁護士会を中心として大きく運動が展開されている。臨時司法制度調査会(1962年)で、法曹一元導入の条件が整っていないとして棚上げされた以来実に30年ぶりのことである。
 本書は、1991年以来、弁護士会内部で、司法改革問題に携わってきた経験に基づいて、司法改革の課題を提示するものである。筆者の結論は、日本国憲法とそれに基づく戦後改革によって構想された司法制度の基本に還ること、日本国憲法が定める「司法の優越」とは乖離した司法の現状をもたらした最大の原因が「判事補」制度であること、その廃止こそが法曹一元にほかならない、ということである。
 本書は、第1部「司法改革の探求」、第2部「法曹一元をめざして」の2部構成である。第1部では、丙案導入・合格者増員など司法試験改革問題の賛否で弁護士会内部が大きく揺れ動いた時期に書かれたものを中心にまとめられている。そこでは早くから司法試験改革問題はいずれ法曹一元問題にいきつくこと喝破している。
 法曹一元を実現するためには、裁判官の供給源をどうするかが大問題である。従来から弁護士経験者から選任することがいわれてきたが、果たして「弁護士」というだけで法曹一元裁判官としてふさわしものか疑わしいと、指摘する。第2部では、そうした法曹一元の中身や条件整備の問題を扱っている。
 法曹一元問題の本質と広がりを見通すことができる絶好の書である。(C)現代人文社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

司法・裁判・訴訟法 ランキング

司法・裁判・訴訟法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む