サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アフガニスタンとイラン 人とこころ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1977.3
  • 出版社: アジア経済研究所
  • サイズ:18cm/184p
  • 利用対象:一般

紙の本

アフガニスタンとイラン 人とこころ (アジアを見る眼)

著者 津田 元一郎 (著)

アフガニスタンとイラン 人とこころ (アジアを見る眼)

648(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

バッチャ戦争

2005/06/10 23:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「バッチャ(家事奉公人)との戦い」の章が面白い.あまりに違う認識に起因する,バッチャとの摩擦に著者,悪戦苦闘.
鍵をかけてしまっていないものは,勝手に持っていっても「盗み」にはならないという,遊牧民的常識により,無断でみるみる減っていく,冷蔵庫の中のアイスクリーム.海外援助の訓練センターの備品まで持っていかれる現実.「略奪は勇者の美徳」.鍵社会の非効率.手紙が勝手に焚き付けにされる,冬の郵便局.
バッチャに無断でいじり倒されて,いつもとんでもない時刻を指す時計.
全裸でアパートの階段をうろつくバッチャ.
バッチャ兼ムッラー.
そしてやっと,バッチャ専門職の存在理由に気付く著者.きちんと勤まるバッチャは,それ自体高賃金に値するタレント性.

他は,貧しさゆえの悲喜劇の記述が続く.
出世するのは皆,パシュトゥン.
アフガーンの特産メロン「ハルブザ」のクウェイトへの輸出が始まったということが朗報になる,輸出産品不足ぶり.
一時的な投薬ではどうにもならない,生活の貧困の中に根深く巣食う病魔.

また,類書より詳しいのが,精神面についての記述.
願望や想念が,いつしか心の中で事実と混同されてしまい,論文の中の統計のグラフまで願望や想念に沿ったものに改変されてしまう,マレーシアからイランまで広く存在する精神的傾向.
「イラン人は誰もが世界で一番偉いのだと思っている」
「イラン人は一人一人が固い核を持っていて,心の底には,皇帝何するものぞ,といった意識を持っている」
高い土塀に象徴される相互不信と,抱擁と頬ずりの挨拶に象徴される親愛の情が,オアシス的人間関係.
現世的,享楽的色彩が濃いゆえの,イラン人の清潔さ.
「イラン人には,正義の味方という意識がある」「イランにもごまかしはある.ごまかしにぶつかったとき,大騒ぎをしたり,警察に訴えたりすると,正しいものは正しいのであり,不正なものは不正なのである」
イランでは「皆が独立不遜であり,独立独歩だが,反面,孤立主義で,責任を恐れ,関わりを恐れる.そこに,当たり障りなく,何となく処理される外交技術が生まれる」

もっとも,ここに述べられているイランは,イスラーム革命前の「古きイラン」という印象がなくもなし.

読め.
【関心率12.90%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。