サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

松本清張全集 27 天保図録 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1973.10
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/454p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-509270-3
  • 国内送料無料

紙の本

松本清張全集 27 天保図録 上

著者 松本 清張 (著)

松本清張全集 27 天保図録 上

3,356(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

松本清張全集 66巻セット

  • 税込価格:223,7302,071pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今読んで楽しい、清張初期の本格歴史小説巨編。 鳥居耀蔵のたくらむ天保の改革とは

2010/11/01 23:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『天保図録』は1962年(昭和37年)から1964年(昭和39年)まで「週刊朝日」に連載された作品である。この作品は水野忠邦がいわゆる天保の改革を着手する前夜(1841年)に政敵となる中野石翁・水野美濃守一派を追放した『かげろう絵図』の終わりから始まっている。いっけん『かげろう絵図』の延長かと思われるが『かげろう絵図』が色と欲で権勢を誇るものを打ち負かす大衆時代小説の趣が濃い作品であったのに対して、『天保図録』は天保改革(1841年~1843年)そのものを描き、商品経済の発展についていけなくなった徳川幕藩体制の崩壊プロセスであり、清張の史観が加わった本格歴史小説として完成されている。
冒頭の「筆のはじめに」では天保の改革を先の享保の改革と寛政の改革と比較した解説が紹介されるが、『かげろう絵図』ではまだ感じられなかった清張らしい歴史観察の姿勢がここではっきりと現れてきている。

といっても理屈っぽさはまるでない。登場人物たちの活躍にはきっと多くの読者が喜怒哀楽を共感するはずであり、熾烈な権力闘争をリアルに描写しこれを庶民感覚で見る、まさに大衆小説の王道にある傑作と言って間違いがない。

主人公の悪は鳥居耀蔵。彼は儒学者大学頭林述斎の三男で極端な蘭学排斥主義者である。
「名は忠耀。甲斐守。2500石。1837年(天保8)目付、41年北町奉行、43年勘定奉行兼任となる。この間、1839年には江戸湾防備のため伊豆・相模・房総沿岸の巡視を伊豆韮山代官江川太郎左衛門とともに命じられる。翌40年には蛮社の獄で洋学者を弾圧、高島秋帆の西洋砲術採用策を批判、町奉行在職中は厳しい江戸市中の取締りを断行して、江戸町人から甲斐守忠耀をもじって妖怪(耀甲斐)と恐れられ、かつ反感の的となった。また高島秋帆疑獄事件を引き起こして捕らえるなど、一貫して洋学を敵視した。老中水野忠邦の支持をうけて天保改革期に活躍したが、上知令・印旛沼工事等で水野と対立し、さらに老中阿部正弘らとオランダ国書問題で対立したといわれ、44年に罷免となり、京極高朗に預けられて讃岐丸亀に流謫され、明治維新まで同地に在住した。」(平凡社「世界大百科事典」より抜粋)             

執拗な出世欲のかたまりである鳥居耀蔵が水野忠邦を操り、これら史実にそった物語の展開の中で、あらゆる事件をあくどくでっち上げながら、次々とその野望を実現していく。この巨悪に立ちふさがるのが旗本・飯田主水正とその仲間たち。この旗本・飯田主水正がいい。金には困らない身分にして豪快、道楽も剣も天下一品、人情味あふれる庶民感覚、胸のすく江戸っ子、反骨精神の持ち主。市川右太衛門が一世を風靡したあの旗本退屈男・早乙女主水之介そのものである。こういう人物像、いまの時代には流行らないかもしれないが懐かしさも手伝ってその活躍に拍手を送りたくなる。

思えば鳥居耀蔵的権力志向タイプの犯罪者をテーマとする小説は、社会性を視点にしたミステリーや時代小説も含めて、最近は流行らなくなっているような気がする。価値観が多様化したせいだろうか、善か悪かは紛らわしいものだとして犯罪をあつかう作品にはよく出会わす。また、人間の欲望が、野心として広く社会に向かうのではなくて、発散できずに内向する自己陶酔型、いじめ型の犯罪小説もよく見かける。

清張がこの作品を書いた時代は池田内閣が所得倍増計画を引っさげ、まさに日本の高度成長が始まろうとしていた。その十数年前は全体主義体制の中で個人の自由はなかった。だが今、逼塞の時代は終わった。熱気がいたるところに渦巻いていた。資本主義、経済合理主義、利潤追求は正義とされた。誰もが野心野望を抱いて邁進し、そこで成功を収めえる資格は整った。いっせいに個人の欲望追及が花開く。ただし、そこには破滅があるかも知れない。そしてこの破滅を描いたのが清張の世界であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する