サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:19cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-622-01667-2
  • 国内送料無料

紙の本

科学革命の構造

著者 トーマス・クーン (著),中山 茂 (訳)

科学革命の構造

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

パラダイムの出典

2015/12/31 23:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

パラダイムシフトなんて横文字が軽々と出たりしますが,この本を読んだ後だと「え.そんな使い方でいいの?」と眉をひそめたくなります.
歯ごたえのある本ですが,研究者になる人は一読しておいてほしい本です.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パラダイムシフトとは

2021/05/22 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:第一楽章 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クーンの定義によれば、”パラダイム”とは「一般に認められた科学的業績で、一時期の間、専門家に対して問いの立て方や答え方のモデルを与えるもの」です。
通常、科学というのはこのパラダイムに沿って進展し深められていく(この過程では迷いもなく説くべき問題も決まっているのでとても効率的に研究が進む)のですが(第2〜5章)、ある時、どうしても既存のパラダイムでは説明できない変則性に突き当たる(第6章)、あるいは、他の専門の中で進展したものを取り入れようとするとうまく説明できない(補章)、ということが生じます。
それをクーンは「危機」と呼び(第6章)、そうすると、既存のパラダイムを微調整しようとする(たいてい別の箇所に矛盾が生じてうまくいかない)だけではなく、まったく別の考え方で説明しようとする説が生まれて百家争鳴に(第8、9章)。
ただ、じきに一つの新しいパラダイムに淘汰・収斂していき(このプロセスが”パラダイム・シフト”、本書では「変革」)(第10〜12章)、また通常通りの科学の営みが再開する。科学の発展の歴史はこの繰り返しだと、クーンは説きます。
こうした変革は長い時間をかけ、それほど目立たずに起こることもありますが、新旧のパラダイムでは、問いの立て方のみならず世界の見方すら変わる、まさに此岸と彼岸といった状況になります(第10、11章)。
まるでルネッサンスのようだなと思いながら読んでいたら、そう読者が感じるのもごもっとも、なぜなら芸術や政治などの人間活動の歴史では一般的な、非累積的で断絶のある歴史観を科学史に持ち込んだのが本書だから、と補章で解説されていました。
また、科学は自然が前もって設定したある目標に常に進める事業と思われがちであるが、何か「真理」のようなものを目指しているのではなくて、原始「から」の進化の過程であってだんだん自然の理解が洗練されてきただけだと、クーンはみなしています(第13章)。この考え方は小坂井敏晶氏の歴史観・文化観に近いものを感じました。振り返れば今日まで続く一本道があるように見え、そこに必然性を感じ取るかもしれないが、全然そうじゃないんだ、ということですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パラダイム変換を提唱した科学哲学の重要な論説

2004/03/20 20:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パラダイムおよびパラダイム変換という言葉(概念)を、一般に膾炙せしめる元になった、論考である。科学思考の枠組みが大きく変化する場合と、ある思考の枠組みの中で科学を発展させる時代とが、交互に現れることを明らかにした。そして、思考の枠組みが全体的に変化する場合を、解明している。
  科学哲学の論説の中でも、大きな影響を与えて論争を引き起こした、重要な文献である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/20 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/15 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/22 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/26 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/04 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/05 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/20 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/26 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/15 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。