サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本人の発想(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • フィルムコート不可
新書

紙の本

日本人の発想 (講談社現代新書)

著者 神島 二郎 (著)

日本人の発想 (講談社現代新書)

400(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なかなか面白い見解や分析もあるが、わかりやすくはない

2007/10/21 11:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は「まえがきにかえて」から「あとがき」まで全222ページであるが、60ページ以上読んでも、主題・趣旨が何なのか理解できなかった。本書の題名は「日本人の発想」とあるが、対象範囲をしぼりきれていないのではかろうか。また、使われている用語と表現が高踏で、一般大衆向けではないようにも感じる。そもそも新書は、素人向けにわかりやすく書くものではないのか。
 社会科学でもそうであろうが、学術論文というものは、まず先人の業績や現在の到達地点を明確にしてから、自分がどこまで歩を進めたか、どんなこれまで分からなかったことを解明したのかを示すものであろう。この本もその手順を踏んでいるようである。しかし、どこまでが先人の業績で、どこから著者の見解なのか、分かりにくかった。ほとんど全文を読み終わる頃になって、ようやく分かりかけてきた。なかなか面白い見解や分析もある。たとえば、「わが国においては、文化的には〈育成〉文か、社会的には〈馴化〉強制、政治的には〈帰嚮〉原理を基本的なモデルとして考察するならば、その現実をかなりよく捉えることができるのではないか。明治以降の日本は、西欧化=近代化によって巨大でめまぐるしい変動を経験したわけだが、そこでは、資本制産業化によって、〈制作〉分化を、異国民との接触によって〈異化〉強制を、対外緊張と階級分化とによって、〈支配〉原理を受け入れてきたから、激しい変動のなかで異質なものの混合、変質、または還元がくりかえされてきたにちがいない。」という文章など。
  あとがきによれば、さまざまな機会に書いたものを集めて一冊にまとめたものという。まとめきれていないようにも思う。個々の考えの熟成、掘下げが不十分でもあるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。