サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中核VS革マル 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/245p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

中核VS革マル 上

著者 立花 隆 (著)

中核VS革マル 上

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

民主主義を全否定する連中

2007/06/06 16:35

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

革マル派にせよ中核派にせよブントにせよ全共闘運動にせよ、要するにこいつらは日本の議会制民主主義を正面から否定し、暴力革命、テロによって国家を転覆し「真の共産主義国家」に日本を作り変えようという主張を掲げた連中である。いわばファシストであり、テロリストだ。ソ連は修正資本主義でありスターリニストであって、彼らも「共産主義の敵」として排除するんだそうだ。いわば、「自分たちだけが正しい」という独善的狂信的な北朝鮮の金正日みたいな連中なのである。立花隆という人は、ジャーナリストとして偉いと思う。日本共産党にしろ田中角栄にしろ次々とその実体を暴きたてのだから。それに引き換え、本多勝一、筑紫哲也、井上ひさし、小熊英二らは何をしているのだろう。NHKや朝日新聞のような「左翼メディア」は何をしているんだろう。ジャーナリスト宣言とのたまう朝日新聞こそ、議会制民主主義の破壊を目指す「極左暴力集団」を主敵とし、彼らに対し堂々と論戦を挑むべきではなかったのか。朝日は安倍晋三内閣の憲法改正に反対する運動ばかりに熱心だが、安倍内閣は議会制民主主義を壊そうとなんかしていない。憲法を尊重し、憲法の規定にのっとって粛々と手続きを進める立派な民主主義政治家だ。しかし革マル派や中核派は違う。彼らは己の理想実現の為なら殺人・虐殺をも厭わない狂信的集団であり民主主義社会の敵である。こういう連中は、過去に数々の殺人を犯しているにもかかわらず、警察の追っ手をまいて、いまもこの日本社会でのうのうと生き延びているのである。こういう連中を我々は許してはいけないのではないか。昨今、暴力団組員が一般の住宅街で発砲事件を起こし問題となっている。ヤクザは公的住宅には入居できないようにするという動きがあちこちで起こっているが、こうした極左暴力集団の構成員並びにそのシンパも公的住宅に入居させるべきではないと私は思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する