サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中核VS革マル 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/230p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

中核VS革マル 下

著者 立花 隆 (著)

中核VS革マル 下

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

巻末の被害者リストを見て思う

2007/06/06 15:57

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の巻末に中核派と革マル派が行った血で血を洗う殺人の記録がまとめてある。彼らはバールで相手をメッタ撃ち、メッタ裂きにすることを「撃沈」などと称しているが、ここから漂う不真面目さは後年起きたオウム真理教の「ポア」という表現を彷彿とさせる。共産主義という悪の権化の一人、ヨシフ・スターリンは「一人殺せば殺人事件だが、数百万人を殺せば統計数字となる」と言い放ったという。しかしここで殺された一人一人にはそれぞれ親がいて、兄弟家族がいて、短いながらも人生があったわけだ。それぞれが受験を経験し、中には東京大学や京都大学、東京工業大学といったエリート大学に合格した学生もいる。彼らの大半は左翼思想に絡めとられたアホであり、ある意味で自業自得という面もないではないが、やはり大学の合格発表の日は喜んだのだろう。本人のみならず家族、とりわけ母親は喜んだのであろう。そういう連中に対し「革命的怒り」の刃を振り下ろし次々と殺していった連中が、今も尚、日本社会に潜み、やれ成田空港反対闘争だ、やれ沖縄米軍基地反対闘争だ、やれ扶桑社の『新しい歴史教科書』反対運動だのをやっているわけである。彼らの大半は50の坂を越えている。ろくな収入もなく、残りの人生をただただ反政府運動に身をささげるしかないビンボー人ばかりであることは容易に想像がつく。血に塗られた過去を持つ、こういう連中が発する猫なで声に、くれぐれも絡めとられないよう、我々は用心しなければならないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

共産主義・マルクス主義 ランキング

共産主義・マルクス主義のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む