サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

えすがた あねさま
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1978
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:25cm/35p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-591-00552-6
絵本

紙の本

えすがた あねさま (おはなし名作絵本)

著者 大川 悦生 (文),梅田 俊作 (絵)

えすがた あねさま (おはなし名作絵本)

1,080(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

おはなし名作絵本 30巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見とれてしまう絵の中の姉さま、惚れてしまう色づかい。

2000/07/09 16:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:望月 新三郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは素敵な絵だ。

 つい、見とれてしまう絵本がある。この本も、そのひとつだ。

 画家・梅田俊作と、ある春の日、柴又から矢切の渡しに出かけたときのことだ。道端や、土手に、うっかりすると見落としてしまう小さな花を梅田俊作は、かがみ込んで、しみじみと「きれいだ。ほれ見てよこの色のあざやかなこと。」と、歓声をあげていたのを、いまも、強く印象に残っている。きれいな色に惚れることは、きれいな色も出せるのだなあと、改めて絵本をみて思う。この本の扉絵の姉さまと兄さんの可愛いこと、次の頁にいく前にくぎづけになってしまう。兄さんのところに、姉さんが訪ねてきた場面もいい。

 「なに、なくたっていいです。とめてたもれ。」というなり、あにさんが、おとしたくわをひろいあげ、ぼっくりさっくりたがやしはじめた。

 はじめっから、貧乏な百姓の嫁になりきろうとする姉さまに仕上げていく大川悦生の文体も、美しさを引きたてている。

 姉さまが、兄さんの嫁になってから、機織りをはじめると、兄さんは畑にいかないで、機織り部屋の隅っこに座って、ちょこんと首を傾け、姉さまにみとれてばかりいるわけだが、このポーズが何ともいい。これには姉さまも困りはてて、自ら腕をふるってそっくりの似顔絵を描いて兄さんに渡した。さあそれから、兄さんは、似顔絵を見ながら畑仕事をするのだが、6通りに描きわけた兄さんの姿、しゃがみ込んだり、転んだりして動きが生き生きして楽しい。

さて、それから舞台は大きく変る。ある日、大風に吹きとばされた姉さまの似顔絵は野をこえ、山こえ町から城の庭に・・。

さて、さて、この殿さま、絵姿をみると、姉さまを自分のものにしたくなって、家来に探させると、無理やりに奪ってこさせる。兄さん、つらいつらい三年が過ぎた秋の日、くりを拾って城までくりうりにいく。ひときわ大きな声をはり上げてしかも面白く節をつけて、

 おらがやんまの くりこ くりこ
 しばの木山の しばくこぉ
 ぶなの木山の つぶくりこぉー

この声を聞いて、城の中で、今まで一度も笑わなかった姉さまが笑った。ここが大事よ。
いくら美人だって、笑わないということは本人もそばの人もつらいものだ。それが、くり売りが、おかしいと、姉さまがわらいこけたのだから、殿さまも大喜び。ここまではよかったが、殿さま、くり売りの兄さんの衣装を借りて城の外にでていったのが運のつき逆転、兄さんが殿さまになったものな。お話も絵もゆかいな楽しい絵本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/09 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む