サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

てがみをください
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 文研出版
  • サイズ:29cm/24p
  • 利用対象:幼児
絵本

紙の本

てがみをください (みるみる絵本)

著者 やました はるお (さく),むらかみ つとむ (え)

てがみをください (みるみる絵本)

税込 1,404 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

みどるのかえるとあかいポスト

2002/07/23 14:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海の先 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある家の赤い郵便箱に一匹のかえるが住んでいた。そのかえるはその郵便箱にきた手紙を読む。でも「ぼく」は気に入らない。だってぼくの家の郵便箱に来た手紙だぞ!
 でもかえるは余裕。だって郵便箱に住んでるんだから、かえるの家にきた手紙だ! …でもかえるは思う。「どうしてぼくにはてがみがこないんだ?」そうすると「ぼく」が手紙をかけばいいんだと教えてくれた。そこでかえるは「てがみをください」と一生懸命書く。でも待てども待てども返事がこない…。そこでかえるは出て行ってしまう。
「ぼく」が郵便箱を掃除すると「ぼく」宛の「てがみをください」という手紙が待っていた。あのかえるは「ぼく」に手紙を書いていたんだ! そして「ぼく」も思う。「てがみをください」と…。
 
 村上勉さんの絵は非常に独特だ。そしてなつかしい雰囲気を持っている。文と絵がどちらもいい味を出しているいい絵本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなカエルがいたら楽しいだろうな(^^)

2000/08/05 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぼくのうちのいちじくの木には、ぼくとパパが作った赤い郵便箱がかかっている。
その郵便箱に、ある日、一匹のカエルが引っ越してきた。
カエルは、郵便受けに来たぼく宛の手紙は勝手に読むし、いばりくさった態度をとる。
でも、自分宛の手紙をいつまでも待つカエルは、何か憎めない。

本当は、カエルはお喋りをしたり、手紙を書いたりしない。
分かっているけど、子供心には、きっとうちの周りにも 
そういうカエルがいるような気がするのだと思います。
こんな出来事が起こったら楽しいだろうな。
子供に夢を与える絵本。 

東京書籍「新しい国語2年上」に掲載。
教科書とは違い、原書ならではの面白さがあります。
カエルが勝手に読んでいた手紙は、誰に宛てたものでしょう?
意外な発見があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。