サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代民主主義とその展望
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:18cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-420001-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

近代民主主義とその展望 (岩波新書 黄版)

著者 福田 歓一 (著)

近代民主主義とその展望 (岩波新書 黄版)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

初版から30年経っているが今でも「まだ?」「また?」と思わせる。

2008/02/18 10:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「民主主義」の歴史を振り返り、そこに共通する理論を考察し、今後の展望を考える。「民主主義とは何なのか」を読みはじめたら、この本がかなり引用されていたので探して読んでみた。初版から30年経っているが、読めば驚くほど「まだ?」「また?」と思う記述が見出される。一度は真面目に「民主主義のなんたるか」を自分で考えてみようと思う方は手にとって損はない本だと思う。30年前の状況と現在を比較しながら読むのも興味深い。例えば:
 ・国会中継の討論を空しく聞きながら、こちらも読んだのだが、討論と説得が難しくなった政党性の議会でも「論点を明確にし、責任のありかを問う」場としての価値はある、などと書かれているのを読むと、確かにそういう位置づけもある、と思う。責任所在についてあまりにもあいまいな答弁を聞いていると、それも怪しくなっているか、と感じるけれども。

 ・民主主義が「大衆化」「複雑化」することで白か黒、善いか悪いかに陥りやすくなること。生活が不安になると「・・そういうときこそ、いちばんわかりやすい荒唐無稽のデマゴーグが大衆の支持をかっさらういいチャンスが生まれる」と、歴史的な例を引用して説明される。まだ記憶に新しい「民営化、賛成か反対か」選挙を思い出させる。(念をおすが、この本は初版1977年である)。「一気に権力掌握の機会を作ったのは恐慌であった。大衆の生活不安のさなかに、このひどい状態になったのは、すべてユダヤ人が悪いんだと単純明快に割り切って見せて、ナチスが権力を握ればすべてはよくなるという訴えかけで大衆の支持をかっさらい、議会の多数を獲得したからであります。」と続く文章は、現在の時点でも、なんとも不気味に響くのではないだろうか。

 終章「民主主義の展望のために」の数ページのなかに、著者の意見は集約されている。著者は、必ずしも「民主主義しかない」とは言っていないが、「民主主義に根本的な一つの特徴、ほかに求めがたい長所があるとすれば、それのみが、人間が政治生活を営むうえに、人間の尊厳と両立するという一点であります(p208)」という理由で支持する。ほぼすべての人間が「尊重されている」と感じ、権力をひっくり返す可能性のある要因が少ない状態に近づける考え方、という視点で、他の「主義」も各自、検討してみてもいいかもしれない。
 過去の歴史の中での民主主義を振り返り、原理を検討してきた著者の結びの言葉を引用しておく。「求められているのは近代民主主義がどういうものであり、どういう特徴と困難とをもっているかの自覚であり、当面する諸問題を受けとることにおいてそれを解決に役立てる勇気であり、そのことを通じて民主主義の機構と作用領域とを組み直して行く叡智であろうと思います。(p207)」

 岩波新書黄色版の1、という番号を付されているというのも、出版の意気込みが伝わってくるような一冊であった。まだ入手可能なのは嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/07 05:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/21 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/05 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/16 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/04 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/07 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む