サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悪について
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 紀伊国屋書店
  • サイズ:19cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-314-00028-7

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジョジョの奇妙な冒険と併読する精神分析

2009/03/13 00:20

11人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書のタイトルだけを見て、サディスティックとかオカルト趣味とかを期待するのは間違いである。「悪について」というより、“人間性について”とか“生の全体性について”という方が、本書本来のニュアンスを捉えている。つまり、人間(個人・集団)が真に人間らしく生を輝かせるための方略を、真剣に論じた名著である。

★ ★ ★ ★
意外なところで、万人ウケしないが長い人気を誇る少年漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の人間観は、『悪について』と一致する。
『ジョジョ』の、少なくとも6部までの一貫したテーマは、「運命」という決定論が勝つか、「勇気と幸運」という非決定論が勝つかという構図の元、結局は両者の二者択一論を構成している。

たとえば、「自己の自由を獲得するため驚異的な努力をする《ならば》、必然の鎖を断ち切ることができる。」(p.199)という言説における、「必然の鎖」を、『ジョジョ』の、人生を呑みこんで無意味化する「運命」と読み替えることが可能である。また、その必然という『鎖に繋がれた』状態と、ジョジョ第5部の「人は運命の奴隷なのか」という問いかけとを重ねて読んでもよいだろう。

本書203ページの「勇気」は、まさに、『ジョジョ』における「運命」を切り拓く力の「勇気」と同じ概念である。1部でツェペリが「人間賛歌は勇気の賛歌」・ジョナサンが「策ではない、勇気だ」・ブラフォードが「ラック(幸運)とプラック(勇気)を!」と言ったまさにその「勇気」である。

逆に、「生に無関心となれば(中略)その人の「生」は終わりを告げていることとなろう」(p.205)とか、「生が終わらぬうちに生を否定する病気」(p.147)とかは、「勇気」と逆の立場であり、『ジョジョ』の中で、「生ける屍」として描かれているディオや、自分の生を生きない吉良吉影の位置づけと見事に対応している。
ディオ自身が「俺は人間をやめるぞ」と言っている。つまり、ディオは、“自分の生の充実を放棄した生はあたかも「死」である”という観念を具体化したキャラクターであり、そうした性質を持つ人間が、他者の生きるエネルギーを無意識のうちに奪っていくという事態は、エーリッヒフロムが言う「死へ向かう症候群」そのものである。

とどのつまり『悪について』は、『ジョジョの奇妙な冒険』と同様に、「人間賛歌」を奏でているのである。『ジョジョ』との併読をお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/27 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/04 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/03 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/14 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/15 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/18 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/23 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む