サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

たいこどんどん
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1975
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/170p
  • 利用対象:一般
  • フィルムコート不可

紙の本

たいこどんどん (書下ろし新潮劇場)

著者 井上 ひさし (著)

たいこどんどん (書下ろし新潮劇場)

886(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

井上ひさし全著作レヴュー21

2010/09/23 12:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新潮社「書下ろし新潮劇場」シリーズの一冊として75年8月に刊行。72年10月刊行『手鎖心中』(文藝春秋)に収められた中編『江戸の夕立ち』を、自ら劇化した作品である。初演は75年9月東横劇場で、五月舎プロデュース公演、木村光一演出。
 69年『日本人のへそ』でデビューしてから此処に至るまでの井上芝居は、評伝劇という枠組をとったり、過剰な言葉遊びを試みたり、劇中劇(どんでん返し)を仕掛けたりと、毎回様々な趣向を凝らしてきた。ところが本作では、そういう「趣向」が全く無い。久方ぶりに読み直し、この芝居が中編『江戸の夕立ち』を斯くも忠実に踏襲していることに驚いたほどである。井上ひさしの原作を他の人が脚色して舞台にかけたのなら分かるが、原作(小説)が描いていた世界をそのまま舞台に移し替えたというのが、どうにも井上ひさしらしくなく、筆者には解せない。というのも、若旦那清之介と幇間桃八の珍道中は明らかに原作の方が密度が濃いし、芝居ならではの方法論も導入されていないからである。
 「他人を笑わせ、他人に笑われ、それで最後にちょっぴり奉られもしてみたい」が故に絵草紙作者を目指す変わり者栄次郎(『手鎖心中』)と、どれだけ裏切られても生き地獄に落とされてもそれでもとことん旦那に尽くす桃八は、まるで異母兄弟のような存在だと思うが、この二人が並んで一冊の書物に収まっていた『手鎖心中』の方でこそ、桃八と清之介の腐れ縁は味わってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。