サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三ねんねたろう
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1967.6
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:27cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-591-00381-7
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

三ねんねたろう (むかしむかし絵本)

著者 おおかわ えっせい (ぶん),わたなべ さぶろう (え)

三ねんねたろう (むかしむかし絵本)

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

むかしむかし絵本 30巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

「ああ、おらはたらいてもはたらいても、だめなんやなあ」と言って、ぐったらぐうと三年三月ゴロ寝し続けた男が村の救い主に…。寝太郎が許されない世の中だけれど、ね。「よい絵本」選定。

2001/06/12 12:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 民話研究に大きな足跡を残した故・大川悦生氏の手になる再話で、山口県山陽町に伝わる農民伝説を元にしたらしい。

 本書のお話は、どちらかと言えば少数派の方。人口に膾炙しているのは、巻末に参考に附されている「もうひとつの民話」の「三ねんねたろう」の方だ。寝てばかりいる男が一計を案じ、隣の裕福な家に神主のかっこうをして忍び込む。神棚から飛び降りて氏神様と見せかけ「娘をとなりのたろうに嫁にやれ」と告げる−−言ってみれば詐欺だから、こちらは子どもの本のシリーズでは避けられているという事情がある。

 さて、その子どもの本におけるねたろうだけれど、正義の人に祭りたてられている。
 正直もので働きものの男だったが、水不足で村の米は毎年不作。「いま ちっと おこめの ごはんが たべたいのう」と言いながら男のおっかさんもぽっくり死んでしまった。
 それまで愚痴ひとつこぼしたことのない男だったが、働くことに絶望してしまってゴロ寝を決め込む。
 みんなに相手にされなくなるわ、年貢米の取り立てに来た代官所の役人もあきれて帰っていくわ…。でも、子どもたちは半分おもしろがる気持ちもあり、ことに役人を撃退してからは、感心するような気持ちにもなり、食べ物を持ってきては置いていく。

 三年三月たったところで、むっくり起きた男は、遠くまでどんどん歩いて大きな川までやってくる。そこから水を引くのだと言うが大人は相手にしない。おもしろ半分の子どもたちが手伝って用水路を完成させてしまう。
 実に大らかなお話なのである。

 大らかなお話にふさわしい渡辺三郎画伯の大胆にしてかわいらしい絵が実にいい味を出している。
 絵本としては分量が多い本文だけれども、余分なものをそぎとって必要なものだけしっかり描き込む、白地を多くして塗りこめない絵にしたことで、流れるようにスムースに読み聞かせができる絵本に仕上がっている。
 もちろん、分量が多いとはいえ、大川悦生氏の読みやすい名調子も魅力のひとつだ。

<もへいと いうたか、よへいと いうたか、もとは ちゃんとした なまえが あった>
 さりげないことなのだけれど、ねたろうにきちんとした名前を与えてしまうよりも、この方が子どもたちの心にアピールする楽しさがある。「けこっ」という一番どりの鳴き声も、「あほう かあ」というカラスのそれも、ささやかな工夫だけれど気が利いている。

 いつかでかいことをしそうな人間の居る場所を確保できなくなった組織社会だけれど、せめて教育機関という組織には、その場所が残されることを願いつつ、この本が多くの子たちに楽しんでもらえることを期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/14 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/10 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/31 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/31 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/13 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む