サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ももの子たろう
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1967.11
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:27cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-591-00387-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ももの子たろう (むかしむかし絵本)

著者 おおかわ えっせい (ぶん),みた げんじろう (え)

ももの子たろう (むかしむかし絵本)

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

むかしむかし絵本 30巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大人も満足!

2016/01/23 12:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フミフミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人なら知らない人は居ないというくらい有名な話ですが、子供向けのわかりやすい話し方やかわいい絵ではなく、昔の語りかたや本格的でユ―モアのある絵が新鮮でした。
主人公の桃太郎より鬼の方が存在感があるような作風も魅力的で、小学一年生の息子にと思って購入しましたが親の方が引き込まれました。
また子供が大きくなった時にもう一度読み返してほしい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

RPGゲームの元祖!?そんな面白さ&ワクワク感を楽しめる昔話

2006/01/27 02:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チャミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いわゆる『ももたろう』の話。
この絵本は、おじいさんやおばあさんが、囲炉裏端で孫たちに方言まじりに昔話を語るシーンから描かれています。いきなり、「むかしむかしあるところに…」で始まるのではなく、自分が小さい頃にじいさんやばあさんから聞いた『桃太郎』の話はこんな話だ…という始まり。
それが、妙に優しくて、和やかで、昔話ってきっとこんな温かな雰囲気の中で語られていた話なんだろうなぁと思わせてくれます。
多くの地方で語られているから、脚色されたり、ちょっとニュアンスが違ったりすることもあるでしょう。
でも、冒頭のこの語りがあることで、それも独自の情緒を醸し出して、なおいっそう昔話っぽい雰囲気になっています。
現代版の『桃太郎』は最後は鬼が村人から奪った宝物を返す形になってますが、この絵本では「分けてあげる」形になってます。
あくまでも手柄として描かれています。
個人的にはこの方がリアリティにあふれていて好きなのですが…。
最後に、あとがきで作者の大川悦生さんが、「鬼が島の鬼とは(略)農業に害を及ぼすものすべてをひっくるめて、あるいは、平和な村を脅かすわざわいのこと(略)」と言ってます。
動物たちと鬼退治に出掛けるという日本のアドベンチャーストーリーの傑作である『桃太郎』は、実は生命の誕生を喜び、子を慈しみ育て、自然災害に負けずに立ち向かう昔の農村の希望に満ちた話なのかもしれないですね。

娘も息子もまず、日本の昔話で知ったのが『桃太郎』。
このお話ってある意味、子供心をくすぐるポイントが沢山ありますよね。
ももの中から赤ちゃんが生まれるというサプライズ!
みかんでもりんごでもなく、「もも」ってところが味噌!!
子供にとってはお尻を連想するみたいです。(本当は桃にも意味があるのですが)
あと、動物たちを次々と仲間にしていくところ。
そして、目指すは鬼退治。
もう、ゲームのRPGの元祖とも言える痛快なストーリー。
一体誰が考えたのでしょうね。
一度は読んであげたい日本の昔話の代表作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/23 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む