サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

兵六ものがたり
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1977
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:27cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-591-00399-X
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

兵六ものがたり (むかしむかし絵本)

著者 さいごう たけひこ (ぶん),みた げんじろう (え)

兵六ものがたり (むかしむかし絵本)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

むかしむかし絵本 30巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人かきつねか、きつねか人か?口調が楽しい

2001/06/01 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:望月新三郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 よく人のことを、あいつは、くせものよ、狸にそっくりだ。いや、あのペテン師 そう、化かしぶりは、狐だな。などという。
 むかしは、狐や狸が人を化かしたが、現代は人が人を化かす時代といわれている。政見放送など聞いていると、まさにそんな気がしてくる。このお話は、作者の西郷竹彦が子どもの頃、故郷の鹿児島の吉野原という台地で遊んだ所が「大石兵六夢物語」の舞台だという。何といっても、文体がいい。祭文語りのような口調にしたのだという。
——はなせば ながいことながら、さつまのくには、かごしまの 「大石兵六ゆめものがたり」 じさは、ばさまの まめかむように、ぼつり、ぽつりと、かたると しよう——
 で、はじまる口調は、とても調子がよく、ひとつ語ってやりましょうとなるね。この兵六、人を化かすというのを聞いて、ひとり、吉野の原にのり込んだまでは良いが、大鬼に襟首つかまれ吊し上げられられ、生命からがら、やぶの中の一軒家に逃げ込む。ところが茶屋の女と思っていたのが、のっぺらぼうと、ろくろっ首。いずれも古典的な化け物。夜道を歩いて行くと沢山の小坊主に取り囲まれてしまう。兵六転げ廻っていると、何と周囲いちめん、踏みつぶされたときのこの山だった。
 すると、こんどは、振り袖姿のうっとりするような二人づれの娘に逢う。これこそ、狐に違いないと、ねじ伏せていると役人がかけつけてきて、しばり上げられてしまう。危うく、手打ちにされるところを、和尚が通りかかって「わしにまかせろ」ということから仏門につかえることになって、頭髪の毛をすられて丸坊主になるところで気がつく。これに似た話は、「カミソリ狐」がある。兵六、ようやく夢から覚めて、あちら こちら探して、二体の地蔵をみつける。これぞ狐と見破った兵六 地蔵をしばりあげると二匹の古狐の正体を現わす。箕田源二郎の絵も紙芝居の絵のように、すっきりしていていい。おわりの文章もなかなかよい。
——おにかと みれば きつねなり きつねとおもえば、きのこなり 人がきつねか、きつねが人か——。    ……大石兵六ゆめものがたり……
 となっている「ふたりの町娘や役人たちもみなきつねの化けたものとして語られていますが、私は、きつねと思えばきつねに見え、人と思へば、それはそれとして面白い」と作者は書いているが、文体全体が作者の思想性とあそび心がある作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社会科 ランキング

社会科のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む