サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

星座を見つけよう
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:31cm/72p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-0183-0
  • 国内送料無料

紙の本

星座を見つけよう (科学の本)

著者 H・A・レイ (文・絵),草下 英明 (訳)

星座を見つけよう (科学の本)

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

星座

2017/02/28 18:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今じゃすっかり見える星も少なくなりました。
それでも星をみるとなぜか心がすっきりします。
この本を読んでいると子どもの頃祖母の家で見た天の川の美しさを思い出します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おサルのジョージの作者による天文解説

2002/05/16 04:55

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケンツ軍曹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生時代の夏休みとある地方のある山小屋でアルバイトをしました。
そのときに見た夜空の星々といったら…。
“下界”で見る夜空とは比べものにならないすさまじいものでした。
そんな夜空では流れ星も一晩に何個も見ることが出来ました。
でも、私は天文学はまるで詳しくなかったので、
毎晩そんな夜空を眺めつつ、
「もっと星について詳しかったらよかったのになあ」
と思ったのがきっかけで、
山を下りてすぐに購入したのがこの本だったのです。
ただ、この本が『おさるのジョージ』や『どうながのプレッツェル』などの
A・H・レイだと気づいたのは随分経ってからのことでしたが。
ではなぜこの本をそのときに選んだのかといえば
ちょっと眺めただけでも、とてもわかりやすかったからです。
難しいと思っていた天文学もこの本でよ〜くわかります。
星座にまつわる神話などのお話や、
四季それぞれの星図がわかりやすく載っているので
おとなも子どもも一緒に楽しめます。
星空を眺めながら
「あの星は○○星、あれが○○座っていうんだよ」
なんてサラリという事ができたらとても素敵とおもいませんか。
この本があれば、それも不可能じゃないような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

草下英明さんをおぼえていますか?

2010/08/12 23:40

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「夏休みと言えば天体観測」という少年少女は、今も多いのではないでしょうか? 多少の夜ふかしは大目にみてもらえるばかりではなく、次の日を気にする必要もない夜なわけです。しかも、ふだんより格段にきれいな夜空が見える場所につれていってもらえることもあるのですから。
 そんな時のお供によいのがこの本です。翻訳刊行が1969年ですから、日本に紹介されてからも、はや40年以上経っていますが、今でも入手可能な「古典」です。今となっては、子ども向けでもより精度のよい望遠鏡、きれいで精密な宇宙の写真集、自宅で見られるプラネタリウム、とさまざまな文明の利器があります。それらにくらべると、シンプルな解説と素朴なイラストで構成された本書は、見劣りがするかもしれません。けれどもこの味わいは何ものにも代え難いのでしょう、現在でも人気だそうです。子どものころに手にとった人が、親になってまた子どもに手渡すことも少なくないのではないでしょうか。ちなみに、この何やら楽しげなイラストに見覚えのある人、そうです先の書評でも指摘されていた、「おさるのジョージ」の作者です。
 さて、私の手元にある本書には、訳者のサインが入っています。プラネタリウムと講演のあとに、持参した本に書いてもらったものと記憶してます。その訳者は草下英明さんといいます。当時はよく知られていたと思います。子どもを相手にていねいに話す、優しい人という印象が残っています。
 あらためてインターネットでプロフィールを調べますと、1924年生まれ、出版社勤めやプラネタリウムの解説員をふりだしに、その活動をはじめています。私が会った当時の肩書きは「フリーの科学解説家」とありました。テレビの科学番組にもよく出ていたらしく、ある世代以上にはよく知られているようです。以前の書評で「科学コミュニケーター」について取り上げましたが、そうした言葉が生まれるはるか前から、こういう先達がいたのですね。インターネット以外でも彼の歩みを振り返る機会があるとよいのですが。
 残念ながら、まだ60代だった1991年に亡くなられています。本書のサインには「星のおじさん 草下英明」とあります。もちろん、「星の王子様」にひっかけてのことでしょうが、ほんとうに星になってしまわれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/19 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/28 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/09 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/08 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 03:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/11 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/10 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/02 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/23 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/16 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/19 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む