サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ありこのおつかい
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:28cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-0173-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ありこのおつかい (日本傑作絵本シリーズ)

著者 石井 桃子 (さく),中川 宗弥 (え)

ありこのおつかい (日本傑作絵本シリーズ)

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

福音館の特選ロングセラー絵本 日本 20巻セット

  • 税込価格:23,004213pt
  • 発送可能日:購入できません

福音館の特選ロングセラー絵本 日本 20巻セット

  • 税込価格:23,004213pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

おもしろい。でも、

2016/11/02 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

あかずきんちゃんみたいなおはなしだけど、丸呑みされてしまうのは、
タイトルのありこだけではなくて、ありこを丸呑みしたカマキリのきりお以下、次々と
森の生き物がさらに大きな生き物に「ぺろり」と丸呑みされてしまいます。
物語の着地の仕方はおもしろく、楽しいおはなしです。

ただ、生き物たちの悪口のセリフが続いて、4歳の娘は早速マネしてました(苦笑)
お行儀良い内容の絵本ばかり読んでいても、いずれは悪口も覚えるんでしょうけど。
親が受け入れられるかどうか、試される絵本なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「あり」版赤ずきんちゃん

2000/08/17 07:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ@B◎◎KRACK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 赤いぼうしをかぶった、ありのありこのお話です。

 ありのありこは、おかあさんにおつかいを頼まれます。「みちくさを くわずに、まっすぐいって まっすぐかえってくるんですよ。」赤いぼうしをかぶり、草の実のはいったかごをさげて、おばあさんの家までおつかいです。

 ありこは、森に入ると、おかあさんに言われたことをすっかり忘れて、みちくさをくっていました。ある木の根元につる草がまきついていたので、ひっぱってみると、それはなんとかまきりのきりお! 「ちびのくせになまいきだ!」と、ありこは飲み込まれてしまいます。

 きりおのおなかにはいって「あやまったのにたべるなんて−ばかあ!」と叫ぶありこ。だまれといわれても、だまりません。きりおは、おなかのなかのありこと、けんかしながら歩いていきました。

 しばらくすると、むくどりのむくすけに出会いました。ありこの叫ぶ「ばかあ!」をきいて、自分に言われたと思ったむくすけ。怒って、きりおを飲み込んでしまいます。

 むくすけのおなかにはいって「ばかっていったのはぼくじゃない。とんちきめ!」と叫ぶきりお。きりおのおなかのなかのありこも、あいかわらずだまりません。おなかのなかの2ひきとけんかしながら歩いていくと、やまねこのみゅうに出会いました…。

 やまねこのみゅうのあとに、くまのくまきちに出会うのですが、それぞれの大きさの対比がはっきりとしています。ありこは、ほんとに小さいので、赤いぼうしを目印に「どこだ?」と探すのも楽しいですね。

 それぞれが飲み込まれるシーンでは、左ページは黒バックに文章、右ページはいろいろな色で、同心円が描かれています。これ、おなかにはいっている、ようすなんですね。中心には「赤いぼうし」の赤、それをぐるっと囲む「草の実のはいったかご」のオレンジ、次にくるのは「ありこ」の黒…。この見開きページは、とても現代的で、カッコいいなあと思いました。

 この話、何かに似ているなぁと思ったら、「あかずきん」。石井さんの手にかかると、あかずきんもこんなにほんわか、でも甘すぎない、楽しいお話になるんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/22 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/29 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/14 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/13 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/30 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/30 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/02 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/27 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/24 04:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/16 06:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む