サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 148件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:1964/03/17
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:31cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-0020-6
絵本

紙の本

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本)

著者 ジーン・ジオン (ぶん),マーガレット・ブロイ・グレアム (え),わたなべ しげお (やく)

ハリーは、黒いぶちのある白いいぬです。なんでもすきだけど、おふろにはいることだけはだいきらいでした。ある日、おふろにお湯をいれる音がきこえてくると…。【「TRC MARC...

もっと見る

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

福音館の特選ロングセラー絵本 世界 20巻セット

  • 税込価格:25,300230pt
  • 発送可能日:購入できません

福音館の特選ロングセラー絵本 世界 20巻セット

  • 税込価格:25,190229pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハリーは、黒いぶちのある白いいぬです。なんでもすきだけど、おふろにはいることだけはだいきらいでした。ある日、おふろにお湯をいれる音がきこえてくると…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジーン・ジオン

略歴
ジーン・ジオン

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー148件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

<ほんとはくろいぶちのあるしろいいぬなのに、しろいぶちのあるくろいいぬになってしまいました>——数ある絵本のなかで一番好きな一文です。

2001/10/25 10:54

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今のところ一番好きな絵本は、モーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』、そしてその次に来るのが、たぶんこの『どろんこハリー』かな…と思っている。

 理由は、しゃれていて面白いから…。そして、読むと子どもが大いに喜んでくれるから…というのが、大きな理由のひとつになっている。

 先日、瀬田貞二先生の『幼い子の文学』を再読した。子ども文化への深い造詣と鋭い見識が楽しく気持ちの良い快著なので、絵本や童話を愛する人には是非お薦めしたい本である。
 その最初の章で、一つの仮説が提示されている。幼い子が喜ぶお話には、一つの形式というか構造上のパターンがあって、それは「行って帰る(there and back)」に尽きるのではないかというのである。小さい子どもの場合、単純に、自分の体を動かして行って帰る動作がとても多い。だから、発達しようとする頭脳や感情の働きに即した、一番受け入れやすいお話はそのパターンなのだと先生は述べられている。

 自分と子どもが好きな『かいじゅうたち〜』と『どろんこハリー』を真っ先に思い浮かべた。前者では男の子、後者では犬であるが、それぞれに冒険に出かけて行き、そして帰ってくる。

 ハリーのお話は、扉絵からすでに始まっている。だから、子どもたちには、ゆっくり扉も「読んでもらう」注意を忘れてはならない。前付けの計3ページの扉で、お風呂ぎらいのハリーはボディブラシをくわえて走り出すのだ。

 ブラシを裏庭に埋めたハリーは外へ抜け出し、工事現場や鉄道線路の橋の上、石炭トラックのすべり台などで思いきり遊び、まっ黒になってしまう。ここで、見出しに掲げた一文が登場する。この文を絵にしたのが表紙である。何の感情も注ぎ込まず事実を記述しただけの文。それでも、読む人の心をぐうっと惹きつけ、イメージを大きく開放してくれる。一茶や芭蕉の俳句に通じないだろうか。

 もっと遊びたいハリーだけれど、家の人たちに家出をしたと思われたら困るので、まっすぐ帰ることにする。裏庭に着いて裏口を見ていると、家族たちが出てくる。でも、「へんな犬」と言われて自分だと認めてもらえない。知っている芸をやってみせるけれど、それでもわかってもらえない。
 「なんだか ハリーみたいだけれど、これは ハリーじゃないよ」という言葉にがっかりしたハリーは、はっと思いつく。

 そして、埋めたボディブラシを掘り出してくわえ、2階の浴室めがけて走るのだ。家族は、このへんな犬がお風呂に入りたがっていることを察して、洗ってあげることにする。まほうみたいに汚れは落ちていき…。

 4色のセットインキであらゆる色を出すフルカラー印刷ではなく、モスグリーンにオレンジ、墨の3色を選んだ印刷となっている。ごちゃごちゃした描き込みのない、くっきりすっきり白地を生かした絵柄がまた、しゃれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どろんこハリー

2017/07/13 16:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カピバラさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃に、よく読んだし、最近では、図書館で借りたり、ブックオフで買ったりした。何回でも読めるので、ぜひおすすめの児童書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白い犬が黒い犬になったら…分からないよ。

2000/12/19 12:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お風呂の大嫌いなハリーは、お湯を入れる音が聞こえた途端、
ブラシを咥えて、逃げ出してしまいました。
本当は、黒いブチのある白い犬なのに…
泥やススで汚れ、他の犬たちとおにごっこ、終いには石炭トラックですべり台(^◇^;)

 家に帰ってきても、家族の者は誰もハリーと気付いてくれません。
それもそのはず、ハリーは 汚れて白いブチのある黒い犬になっていました。
芸をして見せても 家族は誉めるどころか退散してしまいます。
自分がここにいるのに、認められないと 人間でも悲しいです。
ましてや、言葉の話せない犬なら、益々自分の気持ちが伝えられません。
そのハリーがしたこと、それはお風呂に入って、汚れを落とすこと。

 私だったら、知らない犬が家の中に上がり込んだら、追い払うかもしれません(^^;
でも、この家族はあえて、追い払わず、お風呂で汚れた犬を洗い、
ハリーだということに気付きました。とても素敵な家族だと思います。
優しい家族とまた一緒に暮らせてよかったね。>ハリー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロングセラー絵本

2023/07/23 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずとしれたロングセラー絵本だが、何度読み聞かせに使っても人気で、大人たちもお気に入りの一冊。
いつの時代の子どもの心にも届くのは、おふろがいや、とか、逃げ出しての冒険、帰ってきたはいいが…という、展開の面白さだろう。
幼児からの読み聞かせに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛い

2018/10/22 13:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジーン・ジオンさんの作品はとても可愛いのでいくつも持っています。
定番の絵本ですが、いつ読んでも楽しい気分になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

犬とお風呂

2016/12/20 18:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Katsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

犬って、お風呂が嫌いなんですよね。
その犬が進んで、お風呂に。
まあ、必要に迫られないとやらないという、人間の習性を、犬を使って、上手く表現しています。
そう、この犬、必要なくなれば、また風呂に入らないつもりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お風呂が嫌いな子に

2016/11/10 10:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

お風呂が嫌いな犬のハリー。
だけど、泥んこになって遊ぶのは大好き!
思いつく限りのありとあらゆるよごれ方をして、
元の姿とは似ても似つかない「しろいぶちのある くろいいぬ」になって家に帰ります。
だから、家族に自分の存在を認めてもらえなくなってしまいます。
他所の犬だと思われつつ、ちゃんとお風呂で洗ってもらえて、良かった。
お風呂に入ってスッキリ気持ち良くなったハリーでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

推されていたので

2016/05/24 18:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

定番絵本なので読みました。
犬のハリーがお風呂嫌いなのに、泥だらけになって、見た目が変わってしまったので、自ら進んでお風呂に入れてもらうお話です。思いっきり遊んで、お風呂に入る。子供にも言えることだと思いました。子供にはハリーがお風呂に入って元の姿に戻るところがウケていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

定番絵本

2015/10/09 14:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み聞かせにつかう定番中の定番絵本。
ハリーの行動に小さい子供の気持ちがきちんとついてくる。
まちがいのない絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はじめの絵本のひとつです。

2022/01/07 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ないものねだり - この投稿者のレビュー一覧を見る

キンダーブックと絵本から本を手に取り始めた、その頃に読んだ本です。絵は好きではなかったけど、犬は好きで、子供が自分自身で読める本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

達意の邦題

2021/06/16 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:719h - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の原題は
「Harry the Dirty Dog」と
いうのですね。

dirtyの部分を、どろんこ、
としたのは素晴らしい訳だと思います。

ひとっ風呂浴びれば変身するよ、
ってなわけで、子供のお風呂嫌い
もなおしてくれそうな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白い犬が黒い犬に

2017/01/11 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い頃はこれを読んでお風呂に入るという習慣があったほど大好きな絵本でした。今読み返してみても、かわいらしくて好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どろんこハリー

2016/12/09 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:( ̄▽ ̄) - この投稿者のレビュー一覧を見る

お風呂に入るのが大嫌いな、
犬のハリーのお話。
いつもいつも、泥んこになって遊んでいるハリー。
久しぶりに見たー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒ぶちから白ぶちへ

2016/06/28 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙に載っている二匹の犬はどちらも同じ犬のハリーです。
大嫌いなお風呂に入りたくないがためにとった行動が、後々たいへんなことに。
どろんこになったとはいえ、あんな健気に頑張るハリーを、
飼い主さんたちは分かってあげて欲しかったなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おふろぎらいのハリー

2016/01/29 23:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名絵本だと思い、こどもに読んでみました。
いい絵本だなーと親は思ったのですが、こどもの反応はイマイチで残念。
また機会を見て読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。