サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もぐらとずぼん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1967.12
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:21×29cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-8340-0126-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

もぐらとずぼん (世界傑作絵本シリーズ チェコの絵本)

著者 エドアルド・ペチシカ (ぶん),ズデネック・ミレル (え),うちだ りさこ (やく)

もぐらは、土から出てきたとたん目についた青いずぼんがほしくてたまらなくなりました。おそろいのずぼんを手に入れる方法を、ねずみ、ちょうちょう、えびがに、かたつむり、とたずね...

もっと見る

もぐらとずぼん (世界傑作絵本シリーズ チェコの絵本)

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

旅する想像力 世界のおはなしセット 10巻セット

  • 税込価格:14,688136pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もぐらは、土から出てきたとたん目についた青いずぼんがほしくてたまらなくなりました。おそろいのずぼんを手に入れる方法を、ねずみ、ちょうちょう、えびがに、かたつむり、とたずねていきますが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もぐらとずぼん

2013/11/25 16:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tokotake - この投稿者のレビュー一覧を見る

4歳になる子供の誕生日プレゼントとして贈った。 内容も面白く評判は
上々です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一枚のずぼんを作るのもとても大変な作業です。

2000/10/30 10:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 土の中から出てきたもぐらは、何でも入ってしまいそうな大きな大きなポケットのついたズボンが目につきました。
もぐらは、そのズボンがどうしても欲しくてたまりません。
そこで、森の中の昆虫や動物たちにどうしたらそのズボンが手に入るか聞いて回ります。

 裁断なら、切るのが得意な「えびがに」が出来ます。
縫うのは、巣を縫って作る「よしきり」が…
でも、肝心な布がありません。

 布が欲しくて泣いているもぐらに、「あま」という植物が声をかけます。
この植物を大切に育てると、布の材料(繊維)ができます。
そこで、もぐらは、「あま」の為に、害虫を追い払ったり、水をやったり、一生懸命働きます。

 初版が1967年、チェコスロバキアの絵本です。
植物や昆虫など ちょっと聞きなれない名前が出てきます。
でも、絵を見れば、何となく分かってしまう…ここが絵本の素晴らしさでしょう。
30年前の絵本とは思えない、とても鮮やかな色彩で描かれています。

「あま」を干して、折って、すいて、紡いで、はた織…1枚の布を作るには大変な作業がいります。
私も知らないことばかり…とても勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

植物からずぼんまでの道のりを楽しく見せる

2002/07/20 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もぐらが、大きなポケットのついたズボンを見かけます。
同じようなズボンがどうしてもほしくなり、探し歩くお話です。
ズボンそのものは見つからないのですが、布をもってくれば切ってくれるというエビガニや、ズボンの形に切った布を持ってくれば、縫ってくれるというヨシキリなどに出会います。
そうやって、ズボンの材料の一番おおもとの糸まで戻り、糸から(というか、糸の手前の植物の茎をすくところから)最終的にズボンまで、たどり着こうとするお話なのです。
ズボンって布だったんだ、布って糸だったんだ、と既製品になれてしまっている私たちに、物が作られるとはどういうことか、楽しくゆかいに見せてくれています。
機械や道具のない自然の中で、みんなの力を合わせて、ズボンまで作ってしまうお話です。

イラストはアニメっぽい絵だと思ったら、ズデネックさんは、アニメ映画製作のお仕事もされている方でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/28 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/23 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/06 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/20 02:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/23 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/02 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/15 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/20 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/31 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む