サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もりのなか
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:19×27cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)

著者 マリー・ホール・エッツ (ぶん・え),まさき るりこ (やく)

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

動物たちと一緒に遊べたら楽しいね。

2000/12/02 12:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初版が1963年 親子二代で読まれている方も多いのではないでしょうか?

 「ぼく」が森へ散歩へ行くと、ライオンに、ゾウに、クマに…と沢山の動物たちに会います。
そして、皆 身支度を整えて ぼくの散歩に続きます。
黒のコンテで描かれた うっそうとした森の中の散歩です。
でも、この絵本が色彩豊かに描かれていたら、ちょっとイメージが狂ってしまいそうです。
白黒絵本だからこそ、子どもたちの空想を 益々引き立てている様な気がします。

 動物たちと一緒にした「ハンカチ落とし」や「ロンドン橋落ちた」
アメリカの子どもも日本の子どもも同じです。遊びには国境はないんですね。

 しかし、暗くなって、迎えにきてくれたお父さんには 動物達は見えません。
でも、お父さんはこう答えてくれました。「また今度まで待っててくれるよ。」
お父さんも子どもの頃には、動物たちと遊んだのかもしれません。
「動物なんていないよ。」と否定しないお父さんは 素敵なお父さんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もりのなかは、幼な子の世界。みんなの心のふるさと。どうぶつたちと一緒にさんぽしよう。

2000/10/27 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:落合美知子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この絵本には、幼児の心の世界がみごとに表わされています。どうぶつたちと散歩する主人公のぼくは、だれもが通り過ぎてきた懐かしい幼い頃の姿なのかもしれません。

 色彩のない(黒のコンテで描かれた)絵が、森の神秘さや清んだ空気を漂わせていて、本を開くと清々しい気分になります。よく、こんな地味な絵本は、子どもが喜ばないだろうと言って、読んでやらない方がいますが、お門違いです。白黒で描かれているからこそ、森やライオン、ぞう、くまなどの動物たちに、自己同一感が働き、想像力がふくらむのです。

 まず「ぼくは、かみの ぼうしを かぶり、あたらしい らっぱを もって、」と読みはじめると、2〜3才の子どもから、なにが起こるのだろうと好奇心と期待に満ちた眼差しになり、次のページを繰って「もりへ、さんぽに でかけました。」で心が動き出すのです。ぼくのさんぽについてくる動物たちの様子は、ユーモラスで、個性的です。行列を作ってすすんでいくと、カンガルーのたいこ、こうのとりのくちばしの音、ぼくのラッパや動物たちの声まで楽しく聞こえてくるようです。
 遊びが展開しておしまいに、かくれんぼをすると、ぼくが鬼になります。「もういいかい」といって、目をあけた時には、ぼくをさがしに来たお父さんがいました。お父さんには動物たちの姿が見えませんが、「きっと、またこんどまで まっててくれるよ」というのです。大人になると見えなくなる世界があることをわかっているお父さん。わたしは、絵本を開くたびにこのお父さんのようでありたいと思い、読んでいるうちに記憶の底にある懐かしいところへ帰っていくのです。そして、子どもたちと向き合う時の原点になっています。

 この絵本は、森の中で子供時代をしあわせに過ごした作者(エッツさん)が、夫の死で辛い経験をしたあとに、うまれたものです。「もりのなか」でたっぷりあそんだ(読んでもらった)子どもたちもエッツさんのように心のバランスをとっていくことでしょう。

 この続きに「またもりへ」という絵本があります。ぼくが、ふたたび森に行き、動物たちの仲間に加わって、無心に笑います。動物たちにも大人にも出来ないことです。2冊とも幼い時のしあわせな時が、心地よいことばと清楚な美しい絵によって描かれていて、これからも静かに心に浸透し続けることでしょう。

児童書・絵本トップページへ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む