サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラチとらいおん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 132件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1965.7
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:16×23cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-8340-0045-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ ハンガリーの絵本)

著者 マレーク・ベロニカ (ぶん・え),とくなが やすもと (やく)

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ ハンガリーの絵本)

1,188(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

福音館の特選ロングセラー絵本 世界 20巻セット

  • 税込価格:24,840230pt
  • 発送可能日:購入できません

福音館の特選ロングセラー絵本 世界 20巻セット

  • 税込価格:24,732229pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー132件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

おすすめです!

2016/05/04 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼稚園に入った親戚の子へ、入園祝いのプレゼントとして贈りました。

暗いところが怖く弱虫だった主人公のラチがちいさな赤い(朱色の?)ライオンと一緒に体操したり、接していく中でたくましく成長していく物語です。

私自身は幼い時に読んだことはありませんでしたが、色々調べて読んでみた中から、新しい環境へ飛び込んでいく子どもへエールの気持ちをこめて選びました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勇気

2016/02/20 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名絵本ですね。
よわむしな男の子ラチが勇気をもつ話。
3才の時に読みましたが、うちの子にはまだ早かったのか反応が鈍かったです。
それを引いてもそんなに趣味でないみたいでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勇気のきっかけ

2016/03/18 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

弱虫のラチが小さならいおんに出会い、
強く成長するという内容です。
らいおんのおかげで強くなるわけですが、
最後にらいおんの力無しで、
物事に立ち向かう姿が良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほのぼの

2016/06/27 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆかママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

弱虫の男の子が成長する姿にほのぼのしました。
絵のタッチも可愛いので癒されます。
少しの勇気で強くなれることが伝わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

らいおんはどこにいるのかな

2016/07/21 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

男の子の成長が微笑ましい、勇気をくれる本です。らいおんとりんごの結びつきがよくわかりませんでしたが、もしかしたらハンガリーの民俗性に関係があるのかなとおもいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっぽの長いライオン

2016/10/22 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

よわむしの男の子が強くなるまでのお話。このらいおんのような味方が欲しいと思いました。このらいおんの役目を親がやらなくてはいけないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんとうの強さ

2016/11/19 22:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

弱虫の男の子ラチの前にあらわれた、小さなあかいライオン。
小さなライオンはラチが強くなれるように、たいそうしたり、すもうをとったりしてくれます。
ラチが怖くて行けなかった場所に、一緒についてきてくれました。
ラチは身体がだんだん強くなって、気持ちもすこしずつ自信がつきました。

小さなライオンがいてくれたから、ラチは弱虫ではなくなりました。
小さなライオンがいなくなっても、ラチはほんとうの強さと一緒です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライオンはーと

2016/11/27 16:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:手紙 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「きみ、よくみていたまえ!」
ある日、弱虫で、臆病者のラチという男の子の前に、小さな赤いライオンが現れました。
その人からラチと、ライオンの強くなろう!
の修行が始まります。
そして最後に置き手紙。
何ともリベラルなライオンで。
シッポ長!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当は誰でも強くなれる

2017/01/19 15:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

弱虫のラチは友達さえも怖くて、一緒に遊べません。ある日ライオンと出会い、ラチはライオンと一緒に体操をしたりしてだんだん強くなっていきます。
強くなったラチにライオンは…。
何回か読むうちに、娘がライオンが去ってしまったことを悲しんで泣くようになりました。得るものがあっても、友達がいなくなったら悲しいと思ったのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラチとライオン

2017/02/28 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

弱虫だったラチの前に現れた赤い小さなライオン。
この出会いでラチは変わっていきます。
誰かと出会うことで自分が変化する、この関係性にジーンとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界中にいるちょっぴり弱虫なキミへ

2001/06/12 07:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきな - この投稿者のレビュー一覧を見る

 40年以上前の作品ですが、古さを感じさせません。淡めの黄、緑、オレンジの配色がとてもステキ。こころにスーっと入ってくる感じ。時代は変わっても、世界中の弱虫たちに勇気をくれる絵本です。お話は、弱虫なおとこのこ「ラチ」の登場から はじまります。

 こわいものがたくさんあるラチは、毎日泣いてばかり….。そこへ、ちいさなあかいらいおんが やってきます。名前もない ただの「らいおん」。ちいさいけれど つよくてやさしい「らいおん」は、どのページでもいきいきとしていて 表情が豊かです。特に「しっぽ」に、注目してみてくださいね。

 そして、こんなことを教えてくれます。
   
   つよくなるのには、
   まず たいそうを するんだよ。
   こんなふうにね

 だんだんラチは つよくなっていき、らいおんは 去っていきます…。もう 弱虫なんかじゃありません。なかまはずれにも ならないでしょう。ラチは あたらしい自分を発見し、夢を追いかける少年になったのです。

 つよくなれたのは 「たいそう」したから なのでしょうか? らいおんは、いまどこに いるのでしょうか?こたえは 絵本の中にあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

らいおんはどこへ?

2002/05/10 22:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塔ノ上 - この投稿者のレビュー一覧を見る

臆病なラチの前に現われた小さならいおん。彼とともに行動することで次第にたくましく、果敢な少年になっていく。
 子供の読む絵本は、具体的に、生きていく、ということ教えてくれる。たくさんの難しい言葉も、説明もない。突然現われたらいおんは、ラチに、行動でそれを示す。ラチはどこかの臆病な子供ではなく、紛れもなく今生きている私達である。この絵本を読んだとき、私はこっそりと、自分の周囲や、心のなかを覗き込み、そこに、小さならいおんの姿を探してしまった。そして、何かを見失っている自分に気づき、また見失ったものともう一度出会えることを確信し、密かにほっとしたのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次へと続くエンディング

2002/07/18 17:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラチは世界一弱虫な男の子。
飛行士になりたいと思っていますが、弱虫の飛行士なんている?
犬も、暗い部屋も、友だちもこわいんですから重症です。
ある朝、ラチが目をさますと、そこには小さな赤いらいおんが。
こわがりなわりに、急にあらわれたこのらいおんは、こわくなかったようです。
ちっぽけならいおんだと、ばかにします。
でも、力持ちで強いらいおんくん。椅子を片手で持ち上げたり、ラチを押し倒したりして、強いことを証明します。
そして、ラチも強くなれるようにと特訓をはじめます。

弱虫な男の子が主人公のお話は、絵本によくあります。
でも、強くなるきっかけとして登場した、この赤いらいおんは、とてもかわいいです。
特訓その1として、体操を教えますが、その体操も笑えます。
イラストがかわいくて笑えるのもあるのですが、とにかく赤くてちっちゃいらいおんが、曲げたり伸ばしたり、ひっくり返ったりと、愉快です。

強くなろうと思ったなら、努力も必要ならば、心構えも必要。
ラチにとってらいおんは、そのきっかけを与えてくれる存在だったのでしょう。
みんなのところにも、らいおんはあらわれるかもしれません。そういう終わりかたです。
そのときも、らいおんの姿をしているのでしょうか。それとも、何かにすがたを変えて、あらわれるのでしょうか。
ふと、自分のまわりを見まわしてみたくなるような……。
物語が現実へと、続いているような絵本です
(弱虫じゃない人には、とても遠い話なのでしょうが)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラチはうちの子?!!

2002/09/30 02:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまの - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラチは弱虫! でも、うちの子もラチと同じ弱虫!
犬を見て「かわいいね〜」とは言うけど逃げ腰だし、
くら〜い部屋には勿論一人でいけないでしょー。
お友達にだってモジモジするし…
ラチはぬいぐるみのライオンに出会って強い子に成長していきます。
そんな自分に似たラチが、強くなっていく姿を見るのが、とても好きで
何度も何度も「読んで〜これ読んで〜!」って、うちの子は本を持ってきます。
ライオンが体操をする場面はとっても大好きです。
絵も色使いもとても可愛くて、親の私が見ても心が和みます。
ライオンは、やがてラチの元を離れるのですが
次は自分の所に来てくれると信じている うちの子です。
親は心が和み、子は自分も強くなれるって信じられる本です。
私も子供も大好きな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の名作絵本!!

2003/02/26 15:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハル - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は小さい頃から絵本が大好きで、リカちゃん人形で遊ぶよりも絵本を読んでいました。その中で一番のお気に入りだったのがこの「ラチとライオン」でした。
でも小学校の頃の引越しで捨ててしまい、ずっと本屋に行くと探していましたが題名を忘れていたのと、置いてある本屋が少ないのか、なかなか見つけることが出来ませんでした。
しかし、ある日私の保育園の頃の連絡帳を見つけて、懐かしーと思って見ていたら母が先生に宛てた日記の中に、この絵本について書かれていたのです!!
内容は、ある日私が泣きながら母のところに来て「この絵本ね、とってもかなしいの。」と言ってさし出したのが「ラチとライオン」でした。それ以来毎日読んで〜とせがまれたことなどが書かれていました。
思わず、わぁ!!と叫んでいました。
運命ですねぇ。
もちろんそのことは覚えていませんが、きっと幼い私はラチになりきっていたので、結末があまりにも悲しかったのでしょうね。今読み返してみたらきっと違う受け取り方になるんでしょうけど。
しかしそれ以来、何度か本屋さんに行って探したのですがやはり置いてなく、未だに再び手にすることが出来ていません。
本との出合いも縁と思い、気長にいつかどこかの本屋で、バッタリ出会えることを楽しみにしています。

なんか書評ではないですね。すみませんでした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む