サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 絵本の通販
  5. 好学社の通販
  6. フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなしの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 好学社
  • サイズ:28cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-7690-2002-8
絵本

紙の本

フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし

著者 レオ・レオニ (作),谷川 俊太郎 (訳)

仲間の野ねずみが冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしておりました。「ぼくはおひさまのひかりをあつめてるんだ。」 やがて寒い冬がき...

もっと見る

フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし

1,572(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

レオ・レオニの絵本 22巻セット

  • 税込価格:34,045315pt
  • 発送可能日:1~3日

レオ・レオニの絵本 21巻セット

  • 税込価格:32,641302pt
  • 発送可能日:1~3日

レオ・レオニの絵本 20巻セット

  • 税込価格:31,021287pt
  • 発送可能日:購入できません

レオ・レオニの絵本 20巻セット

  • 税込価格:31,021287pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仲間の野ねずみが冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしておりました。「ぼくはおひさまのひかりをあつめてるんだ。」 やがて寒い冬がきて…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

このせかいの空と大地と季節を動かしている空に住むねずみ

2009/09/15 02:38

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどりのひかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私はなぜか、フレデリックを読むと庄司薫さんの「赤頭巾ちゃん気をつけて」を思い出します。まったく関係ないはずなのだけど{みんなをしあわせにするにはどうしたら良いか}という、「赤頭巾ちゃん気をつけて」に出てくる言葉を思い出してしまいます。

 冬にそなえて、ねずみたちは とうもろこし、きのみ、こむぎ、わらを集めるのだけどフレデリックだけはべつで、おひさまのひかりをあつめます。じっとまきばを見て、草や木や花のいろをあつめる。はんぶん目をとじ、ねむっているかのようなフレデリックはことばをあつめ、じぶんの中でおはなしを作る。そして冬になりたべものもへり、さむさもましてきたころ、フレデリックはみんなにもえるようなあたたかいおひさまのひかりをあたえる。あおいあさがおや、きいろい麦や、赤いけしや、野いちごのはっぱのみどりを、みんなのこころにわたすのだ。そして、このせかいの空と大地と季節を動かしている空に住むねずみのお話をする。

宇宙の広がりがあるような絵本のような気がします。

宇宙のひろがりのある本
不落樽号の旅
金子みすゞ
坂村真民
赤頭巾ちゃん気をつけて

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争まっただなかに世の心を暖めてくれる本(おすすめ)!!

2003/03/30 00:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZERO - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話一番のおもしろさは、なんといってもねずみくん(フレデリック。私の中ではねずみくんなのでねずみ君と呼ばせていただく)のとぼけたような、でも憎めない素敵な人柄だと思う。見ているとほわわんほわわんと心がどんどんとあったまってくること間違いなし。五歳の時初めて母に読んでもらった最後のねずみくんの言葉(読むとわかります)には、幼いながら『そうだったのか!! もっと惚れ込みました、ねずみ君』と思わずにいられない魅力がつまっていた。つらい冬にそなえ、他のねずみたちがせわしく働く中、遊んでいたようにみえたフレデリックは、実は色や形を溜め込み、冬がきた時みんなを暖かくしてくれた。ねずみくんはおなかではなく、心を満たしてくれる役だったのだ。小さいころ読んだ時は働かないやつなんて嫌い!と思っていたけど、今は、こういう人こそ世の中に必要だな、と心から思い、私もそうでありたいと思う。戦争が絶えない今の時代、ぜひ子供達によんでほしい話だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ああ、魔法が使えたらな」と言う人に「ないものねだりは見苦しい」と言う前に、「言葉という魔法が私たちにはあるのだよ」と告げることができる。この絵本を提示すれば…。

2001/08/11 13:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『あおくんときいろちゃん』『スイミー』などで知られる絵本作家レオ=レオニの、これもまた代表作のひとつ。他の作品と同じように紙を貼り合わせていくというコラージュの技法が用いられています。

 模様のある洋紙を使ったり、白い紙に水彩絵の具やパステルで彩色したり、霧吹きで吹き付けたのか模様をつけたりして、独特の美感で鮮やかな絵を表現していることが、この作家の大きな魅力のひとつですが、いまひとつの大きな魅力は、言葉という魔法の存在を教えてくれることだと思います。レオニの絵本がもつ<ポエジー>については、この本のカバーの見返しに訳者である谷川俊太郎さんが短文を寄せています。

−−レオニのちいさな主人公たちの前には、いつも広大で多彩な この地球上の世界がひらけています。そういう現実への信頼 感が、レオニのイマジネーションを豊かにしている。そこに 単なるおとぎばなしでない、彼の作品がおとなにも楽しめる 理由があると思います。

 冬に備えて仲間の小さな野ねずみたちが、とうもろこしと木の実と小麦とわらを集めて働いています。ところが、フレデリックだけは、すわりこんでじっとしています。

 働かないフレデリックに不審の念を抱いた仲間たちが質問をすると、彼はこう見えても働いているんのだと答えます。
 「さむくて くらい ふゆの ひの ために、ぼくは おひさまの ひかりを あつめてるんだ」
 
 さらに、「いろを あつめているのさ」と「ことばを あつめているんだ」という答も返ってきます。

 いよいよ冬が来て、野みずみたちは、石の間の隠れ家にこもります。最初は食べ物もふんだんにあり、おしゃべりも盛んで楽しい。でも、やがて食べ物は減り言葉数も少なくなってしまいます。

 そのとき、皆はフレデリックが冬ごもりの前におかしなことを言っていたのを思い出します。皆に乞われたフレデリックは、おひさまの光と色と言葉−−冬の生活に不足していたそれらを皆に与えるのです。

 今ここにないものを見せてくれる、感じさせてくれるという魔法の力は、言葉のなかにあるのだということを実感させてくれるクライマックスになっています。楽しかった記憶をよみがえらせてくれたり、会えなくなった人を呼び寄せたり、来たるべき春や夢のような現実を思い描かせてくれるのは、すべてこれ言葉が組み立てる思索の力。

 自分の心のなかを冷風でかちんこちんに凍らせてしまうのも言葉ならば、花を咲かせて鳥をさえずらせるのも、言葉の働き−−それがポエジーだということを谷川さんは言いたかったのだと納得させられるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

個性

2017/07/28 13:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんなが働いている中、遊んでいるかに見えるねずみフレデリック。しかし、彼はあそんでいるわけではなく…。
いいなーと思えるお話でした。こういうこも必要よね。いろいろなこがいていいとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そういうことさ

2016/02/29 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベニテングタケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

フレデリックはみんなが冬に備えて餌を集めている時もじ~っとして動かない。
その理由は…
最後のページののフレデリックの「そういうことさ」の照れた笑顔に
心を射抜かれた。可愛すぎる。
ちぎり絵で作ってあるのがまた、何とも言えない温かみがあって
内容にピッタリ合っている。大人だからこそ良さが分かる絵本かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度見ても飽きない

2016/02/24 14:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この絵本を初めて読んだ子供のときはねずみが可愛くて気に入っていたように思うが、
今読むと感動させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代性

2016/02/12 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

冬に備え、納屋の中で食べ物を集め始めるネズミたち。でも、フレデリックだけは違うことを…他人と同じことをしなくてもいい、という教訓は、今にも通じる。むしろ、個性を伸ばさせない教育を受けてきた昨今の親たちこそ読むべき絵本ではないか。レオ・レオニの作品だが、谷川俊太郎氏の訳詩が冴えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芸術家

2001/10/01 11:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花梨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 キリギリスは、夏遊んでばかりいて、冬に蟻に見捨てられます。しかしフレデリックは、その芸術家としての力で、仲間を幸せにします。どちらのお話が、人生というものを豊かに考えているかは一目瞭然でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心は自由

2017/07/17 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

フレデリックは仲間と同じ行動をとらない。いつも別の考えで動いている。その行動は、一見協調性がない自分勝手のようにも思えるけれど、非常時にはかえって皆を助けることに。かたにはめて考えちゃいけないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キリギリスかと思いきや…

2016/06/22 07:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公フレデリックは「アリとキリギリス」のキリギリスのような性格かと思いきや、詩人…叙情家?すごく感性の人…ねずみでした。ちょっとかっこいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目をつぶらないと見えないもの

2004/07/05 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段目を使って見ることに慣れてしまっている私たちに、目をつぶらないと見えないものを教えてくれる作品。子どものころは色とりどり、大画面で見えていたもの。大人になってもそういうものを見る心は忘れたくないな、と思った。子どもにはこのフレデリック、どう見えているんだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

教科書にのってたよ〜

2001/04/01 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こざるざる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 石垣の中にすんでいる小さな野ねずみ、フレデリックと仲間たち。しかし、冬がちかづいてきて、みんなが食料あつめをはじめたら、フレデリックは寝てばかり。みんなは、たずねた。「なにしてるんだい? フレデリック!」
 フレデリックがみせてくれた、言葉、光、色…、題名のとうり、「ちょっとかわったねずみの話」をお楽しみください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まじめなのねずみたち

2002/07/10 11:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『スイミー』と並ぶレオニの代表作です。

冬にむけてのねずみたちは、食べ物やわらを集めて、せっせと働く。
けれど、フレデリックだけは動かない。
「こう みえたって、はたらいているよ。」と、フレデリックはいう。
「さむくて くらい ふゆの ひの ために、ぼくは おひさまの ひかりを あつめてるんだ。」
せっせと働き続けるのねずみたちの横で、こんな調子でまったく働かないフレデリック。
フレデリックは、おひさまのほかに「いろ」と「ことば」を集めた。
冬がきて、フレデリックは集めたおひさまやいろ、ことばを、のねずみたちにわけあたえる。

たしかに、フレデリックはふしぎなのねずみです。
コツコツと食糧集めたり寒さに備えたり、とても現実的な仲間たちとは違います。
みんなとは違うところに、目を向けます。
この作品の読者は、きっとフレデリックのそういうすばらしさに目がいくのでしょうが、私は、なんだか、もくもくと食糧集めしていたのねずみたちを愛らしく思ってしまいます。
最近、世の中の若者が現実的なことに目をむけなくなったりしているからでしょうか。
結局、食糧を集めてくれる者がいなくちゃ生きていけないわけですが、それを担当する者は、とても地味な役割なわけです。
それをまじめにやっていて、なおかつフレデリックのすばらしさも認める、のねずみたち。
私には、こののねずみたちも、愛すべき存在です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねずみ

2016/08/01 06:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔に読んだことがあります。ねずみのフレデリックはみんなが食料を一生懸命集めているときに光を集めていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねずみ

2015/10/28 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

とっても素敵な絵本です。自分が子供の時に出会えればよかったのになと思いましたが時すでに遅し。子供に読んであげています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む