サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦火のなかの子どもたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:29cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-265-90914-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

戦火のなかの子どもたち (創作絵本)

著者 岩崎 ちひろ (作)

戦火のなかの子どもたち (創作絵本)

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

平和・人権を考えるえほん〈2012年版〉 10巻セット

  • 税込価格:15,085139pt
  • 発送可能日:購入できません

平和・人権を考えるえほん〈2012年版〉 10巻セット

  • 税込価格:15,085139pt
  • 発送可能日:購入できません

平和・人権を考えるえほん〈2012年版〉 10巻セット

  • 税込価格:15,085139pt
  • 発送可能日:購入できません

平和・人権を考えるえほん 11巻セット

  • 税込価格:16,597153pt
  • 発送可能日:購入できません

平和教育を考える本 12巻セット

  • 税込価格:19,327178pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こどもたちの笑顔がいつもあふれる世界でありますように・・・

2010/08/13 04:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒼空猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私たちの多くは「平和」といわれる国にすみ「戦争」を遠いこととして生きていることでしょう。
けれども、今この瞬間もどこかの国では戦争があり、こどもが泣き、誰かが犠牲となっていることでしょう。
戦争は汚れた大人の欲とエゴと利益がうみだすもの。
そこにどんなに大義名分な理由があろうとも、「命」を脅かされる理由にはなりえません。

平和な国であってリアルな戦争をしらなくても、今のこどもは小さな戦争の中で生きているといえるかもしれません。
勝ち負けに善悪は紙一重だと思うからです。
どちらが凄いとか、優れているだとか、またはゲームのように誰かをおとしめることが楽しいとか、命の存在も価値も誰もが同じはずです。

本書の画はほとんどが黒の濃淡で描かれており、描かれたこどものつぶやきに胸をぎゅっとつかまれ切なく苦しくなります・・・
どのこの眼にも怒り・・・孤独・・・寂しさ・・危うさが ちひろさんの繊細な鉛筆と水彩の技法で見事に描かれているからです。
反戦活動をつづけたちひろさんが、こどもの笑顔をどれだけ守りたかったことか愛していたかが伝わるようです。
この本でちひろさんが色をつけたのは赤いシクラメンだけ。
赤は血の色であり戦火のいろであり激情のいろのよう。
『赤いシクラメンがちっても きえないこころのおともだち』
こどもたちは忘れることなどできないでしょう。

2010年。
今年は日本戦後65年目。
何度も私に戦争の話をしてくれた祖父もいなくなりました。
あと数十年のうちに戦争の悲惨さを伝えてくれる生き証人もいなくなることでしょう。
けれど、たったの年に一度でも8月15日になにがあったのかを生きている限り忘れてはならないと思うのです。

人間はいつ間違いをおかしてしまうかわからないのですから。
「今」が続いてなければ「未来」もないのですから。
こどもは「未来そのもの」なのですから。




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

むずかしい

2015/10/22 16:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう本は一緒に読んでも、自分の考えを子供に伝えるのはむずかしいなあと思います。
子ども自身が色々考えてくれたらと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/04 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/12 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/29 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む