サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 絵本
  5. 岩波書店
  6. まりーちゃんのくりすます

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まりーちゃんのくりすます
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:21cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-00-115115-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

まりーちゃんのくりすます (岩波の子どもの本)

著者 フランソワーズ (文・絵),与田 準一 (訳)

まりーちゃんのくりすます (岩波の子どもの本)

864(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

まりーちゃんシリーズ...

ジュンク堂

まりーちゃんシリーズのクリスマス編。この作品も羊のぱたぽんが出てきます。
クリスマスプレゼントを楽しみにしているマリーちゃんとぱたぽんの会話がとても楽しいです。
絵もお話しもとてもクラシカルだけどどこかほっとする、いつまでも大切にしたい一冊です。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

木靴を脱いで暖炉のそばに置いておくことができない羊のぱたぽんは、プレゼントをもらうことができるのでしょうか。素朴な絵柄と安心の結末がうれしい古い絵本。

2001/11/01 12:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちょっと専門的な話になりますが、1975年に翻訳本が初めて出されたこの本は、今とは違う印刷方法で印刷されたのではないかと絵を見て思います。いわゆる<描き版>というもので、亜鉛でできたジンク版に、職人さんが薬で4色インクに分解した絵柄を描き分けていくという方法がありました。
 画家がCGをフロッピーで預け、そこから一気に製版フィルムができてしまうという今の流れを考えると隔世の感があります。

 何でそんなことを持ち出すかというと、岩波書店や福音館書店の絵本創生期のものを見ると、絵に独特の古びたような味わいがあって、それがすなわち<描き版>印刷からきていると思うからなのです。この方法で印刷されたものは、石版画やシルクスクリーンのような、重ねて色を出したときの手作り風の味わいが出るのが特徴です。

 もっとも、その味わいは別にしても、まりーちゃんの絵本の絵は実に素朴です。ちょっと頑張れば素人の私にでも描けてしまうのではないだろうか…と思わせてしまうぐらいに<ヘタウマ>です。しかし、線は稚拙な感じがしても、彩色を細かく確認していくと、「あ、やっぱり、こりゃダメだわ」という気がします。ピンク色と黄色の効果的な使い方が私は好きです。

 ベテランの挿絵画家から伺ったことがありますが、子ども向けの絵では<黄色>がポイントになるそうです。何かあったかみが足りないなと思われるとき、黄色が使われます。黄色を含む緑色や赤色も同じ効果を出します。そのことが、この絵本でよくわかります。

 お話は、まりーちゃんと羊のぱたぽんの愛らしいやりとりで展開していきます。

 冬が来て、クリスマスが近いから楽しみだというまりーちゃんに対し、ぱたぽんはクリスマスを知らないので教えてと言います。「小さなイエスさまがお生まれになった日」というさらりとした説明のあと、話題はサンタがくれるプレゼントのことになります。

 おりこうにしていれば、暖炉のそばに置いた木靴に贈り物を見つけられるはずという話を聞いたぱたぽんは、自分のはいている四つの黒い靴は脱げない靴だから、プレゼントはもらえないとぱたぽんは悩みます。ぱたぽんの心配をよそに、自分がもらえるプレゼントについてどんどん想像をめぐらすまりーちゃん。次々と素敵な贈り物を思いつきます。

 でも、まりーちゃんは、ぱたぽんのことを忘れてはいませんでした。靴屋のおじさんのところへ行って、小さな木の靴を一組買ってあげたのです。
 さあ、クリスマス・イブの夜…。

 プレゼントを待ち望むオーソドックスな内容のお話ですが、だからこそ長く残ってきた古い本なのだと思います。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嘆きのぱたぽんと夢見るまりー

2016/12/17 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスマスの楽しみの一つ、サンタクロースが持ってきてくれるプレゼントについて、まりーちゃんと子羊のぱたぽんがおしゃべりします。
サンタクロースがどんなプレゼントをくれるか、夢いっぱいに語る、まりーちゃん。
自分の靴は脱げないから、プレゼントはもらえないと嘆く、ぱたぽん。
二人のかわいらしい会話はすてきなラストに結びつきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レトロでロマンチックな絵が最高

2004/03/11 14:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitch - この投稿者のレビュー一覧を見る

もうすぐクリスマス。まりーちゃんは白い羊のぱたぽんと仲良しです。
クリスマスがくるので、うきうきとうれしいまりーちゃんと、サンタクロースは自分には関係ないとちょっぴり淋しいぱたぽんの、ことばのやりとりでお話は進んでいきます。
なんといっても、この会話のやりとりがとっても愛らしいんです!
ちょっとレトロな絵も、木靴という小道具も、昔のヨーロッパのクリスマスの雰囲気が味わえて、とってもいいんです。 どちらかというと、女の子に受けそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/25 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/01 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/03 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/14 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/15 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/16 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/10 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/09 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

季節・行事の絵本 ランキング

季節・行事の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む