サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

江戸参府紀行(東洋文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1967.3
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 東洋文庫
  • サイズ:18cm/347,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-80087-4
  • 国内送料無料

紙の本

江戸参府紀行 (東洋文庫)

著者 ジーボルト (著),斎藤 信 (訳)

江戸参府紀行 (東洋文庫)

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

東洋文庫 Aセット(1〜200巻) 200巻セット

  • 税込価格:536,7604,970pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

貴重な歴史記録

2010/09/19 06:14

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸参府紀行 ジーボルト 東洋文庫87 平凡社

 学校で習ったときは、シーボルトでした。彼はドイツ人医師で、今から200年ぐらい前の日本に滞在しています。この本は1826年2月15日から同年7月7日までの旅程です。(1868年が明治維新です。)長崎県の出島を出て、江戸まで行き出島へ戻っています。彼は27歳から6年間日本に滞在しています。彼は、国外持ち出し禁止の地図、書物などをオランダへ送ろうとしたことが発見されて国外追放されていますが、徳川幕府の衰退によって、再度日本を訪れています。ドイツミュンヘンで亡くなる最期の言葉は「美しい平和の国へゆく」でした。その国が日本であることを信じたい。
 もっと早く、若いうちに読んでおきたい1冊でした。彼の表向きの行為は、医術の伝授でありますが、知識欲は、地理に始まって、動植物、気候・気温、言語、食物、郵便、旅館、造船、風俗、習慣、温泉、地質と多岐に渡ります。将来ヨーロッパ人が日本を植民地化するための調査です。勤勉な日本人、優秀な日本人たちですが、天皇崇拝は日本人の弱点とか、庶民の人の良さは利用できるととれる考察ももちあわせています。作者は、日本人よりも日本をよく知る外国人です。
 この彼の日誌から感じたことは、民族は自分の民族のことしか考えないというものでした。江戸幕府は日本を守るために(江戸幕府を守るために)さまざまな制限を外国人に強いる(しいる)のです。そのことが技術や文化の発展をはばみます。されど、最終的に江戸幕府は負けてしまいます。変化の波に勝ち続ける権力はないのです。とどまり続けるのではなく、時代の流れとともにゆっくりと変化を続けていかなければ、民族は、他の民族に侵略されるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/23 05:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

国内紀行・旅行記 ランキング

国内紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む