サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

南極越冬記(岩波新書 青版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 青版
  • サイズ:18cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-415102-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

南極越冬記 (岩波新書 青版)

著者 西堀 栄三郎 (著)

南極越冬記 (岩波新書 青版)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最初のプロジェクトの困難さ

2004/11/14 11:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本というものは面白い。こないだインドの40℃の世界を読んだあとの南極、今度は氷点下の世界である。本書の著者を私は知っている。故植村直己の追悼番組で解説をしていた。その当時は、どういう人物か知らなかったが、その後、第一次南極越冬隊長であることを知った。また、山にも詳しい事を知った。本書を読みながら映画「南極物語」を思い出した。また、見たいと思った。第一次越冬隊が残した犬の物語である。第ニ次越冬隊が送りこめないとなった時から1年、犬達のうち、「タロ」と「ジロ」が生きていたという物語である。これは、当時の日本を湧かした話であったらしい。
また、植村直己の事も思い出した。彼は南極を憧れの地とし、計画したが、遂に実行することなく、命を失った。とても残念だったと思う。
何事も初めては難しいものである。本書の南極越冬という最初のプロジェクトも多いに困難にぶつかるが、その都度、冷静に解決している。
今年、南極昭和基地には、HVテレビの発信局が出来た。手軽に南極の美しい映像が見れるようになった。今の昭和基地の繁栄もこの第一次越冬隊の苦労があったからというのは明らかだ。
本書は、最初の越冬隊員の使命感と責任感を存分に伝えてくれ楽しめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大きな仕事をした人の密度が高い言葉。グループを束ねる人の言葉としても秀逸。

2012/01/05 11:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第一次南極越冬隊の隊長が、越冬開始からを綴った個人的要素の強い記録。実際は(少なくとも隊長にとっては)こんな風だったのか、ということとともに、隊長西堀栄三郎の人間像が良く出ている好著である。越冬中のメモのような日記から起こして再構成したというが、淡々と、淡々と語られる記録は隊長という立場からみた「あの越冬」がよく伝わってくるものになっている。

 隊員が飽きもせず興じる麻雀に加わることもなく一人自室で仕事を友とし、隊長としての目配りを続ける著者。越冬隊員を決めるときの話は組織運営の話としても興味深かった。個性の強い隊員たちをまとめる中で「わたしはまちがっていたのか」と自省し、突き詰めて考えている姿は求道者のようにも見える。しかし「ロマンのある馬鹿者はいないのか」と熱くなる冒険家の一面も、そして家族の言葉を放送で聞き胸を熱くする一面もある。グループを束ねる立場にある人が読めば、役に立つところも多いと思う。
 初めて見る南極に、科学者として向かっていく姿も描かれている。氷を溶かして飲料水にしようとしても少し塩辛い。それをなんとか測定してみようと装置を工夫する姿。鉱物を溶かして分析しようとしたが硝酸がほとんどない。そこで硫酸から硝酸を作るところなどは、失礼ながら今時の研究者なら化学専門でもやろうとするだろうか、と思えてしまう。こういう精神があの第一次越冬を完遂させたのだろう。
 なぜ越冬隊にはよい設備が少なかったのか、南極観測予算では冬至最新の装置もたくさん購入されているのに、などなどの裏話もある。国の政策、予算の運用方法などなど、これが現実であり、真実であるのだろう。

 ドラマの予告ではよく「次回、真実が明かされる!」と書かれたりするのだが、時には「真実」は人により違う記憶にもなる。それはそれでよいのだと思う。問題はそこからなにを感じ取り、どう自分のものとしたかではないだろうか。
 あらためて、大きな仕事をした人の言葉の密度の高さを感じた越冬記であった。

 追記;この中で著者が読み「面白いものを書いている」と評している、犬ぞり担当者が書いた「犬たちの南極」も面白い。犬たちの性格や現地での様子がよくわかる。文章も素敵なので、入手できるならこちらもオススメである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/02 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/14 08:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/18 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/19 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む