サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 自由への大いなる歩み 非暴力で闘った黒人たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自由への大いなる歩み 非暴力で闘った黒人たち(岩波新書 青版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 青版
  • サイズ:18cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-415003-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

自由への大いなる歩み 非暴力で闘った黒人たち (岩波新書 青版)

著者 M.L.キング (著),雪山 慶正 (訳)

自由への大いなる歩み 非暴力で闘った黒人たち (岩波新書 青版)

886(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「非暴力不服従」

2003/06/25 05:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、題名に引きつけれて購入したが、いざ読もうとした時に、著者の名前を見て感激した。敬愛するガンディーの「非暴力不服従」の精神を黒人解放運動へ適用した指導者、M・L・キングだったのである。また、本書を読み始めた時に偶然に遭遇したwowowの映画が、正に本書に記載されている、モントゴメリーにおけるバスボイコット運動をテーマにした「ボイコット」だったのである。「神は、私に何をさせようとしているのか?」とこの偶然の意味を考えた次第である。
 私も私の仕事において、「非暴力不服従」の精神を貫いているつもりである。すなわち、不合理な指示には、断固服従しないのである。もちろん、合理的な内容では、自らが不利になろうと断固、従う。この精神を貫いてから、仕事が思うように運ぶようになった気がする。しかし、本書が取り上げているテーマはそんなものでは無い。人類普遍の正義と悪との闘争として、人種隔離政策を捕らえているのである。
 事の発端は、モントゴメリーにおける、一人の勇気ある黒人女性が、白人にバスの席を譲らなかった事である。これを法的に咎められた事に対して黒人が立ち上がったのだ。バスをボイコットしたのである。白人側は、合法的あるいは非合法的手段でこれに対抗した。しかし、黒人側は、完全なる「非暴力不服従」でボイコットを続け、遂に勝利を勝ち得たのである。これが、公民権運動へ繋がる第一歩であった。勿論、キング牧師は、この運動の指導者である。「非暴力不服従」は、理性ある罪悪に対する最大最良の抵抗手段である事を、人類史上2度目の証明を果たしたのである。
 キング牧師は、ガンディーの思想を完全に理解していた。すなわち、ガンディーをイエスの愛の倫理を、個人と個人のたんなる交互作用をこえて、大規模な、強力で有効な社会的な力まで引き上げた歴史上最初の人物と評し、ベンサムやミルの功利主義や、マルクスやレーニンの革命的な方法や、ホッブスの社会契約説や、ルソーの「自然に帰れ」の楽観主義や、ニーチェの超人の哲学からはうけることが出来なかった知的ならびに道徳的な満足をガンディーの非暴力抵抗の哲学の中に見出しているのだ。
 更に、非暴力的抵抗は、宇宙の真理に根ざしているという確信も持っていた。
 非暴力的抵抗をするニグロは、白人達に対し、次のような意識を持たなければならないと言っている。これこそ真実の「非暴力不服従」であろう。「ぼくたちは、君たちの苦痛を加える力に、僕達の苦痛に耐える力をもって対抗しましょう。僕たちは、君たちの肉体の力に精神の力を持って対抗しましょう。僕達は、君たちを憎みはしませんが、良心にてらして、どうしてもきみたちの不正な法律に従うことは出来ないのです。ぼくたちに対して、お好きな通りのことをなさい。それでもぼくたちはきみたちを愛するでしょう。ぼくたちの家に爆弾をなげ、ぼくたちの子供たちを脅かし、頭巾をつけた暴漢たちをぼくたちの社会におくりこみ、ぼくたちを路傍の小路にひきずりこみ、さんざんなぐりつけたあげく半殺しにしてうちすてなさい。それでもなお、ぼくたちは君たちを愛するでしょう。だが、ぼくたちはまもなく、ぼくたちの苦痛にたえる力によってきみたちにうちかつでしょう。そして、ぼくたちの自由をかちえたとき、ぼくたちはきみたちの魂と良心とに訴えて、きみたちをぼくたちの自由のための協力者にするでしょう」。
 黒人差別の歴史は、我が国における差別とは比較出来ないくらいの根深いものがある。それを、現実問題は残っているとはいえ、制度として克服したアメリカという社会に私は敬意を捧げる。そして、それを実現させたニグロ社会の根気ある闘争にも敬意を捧げる。
 本書において、本当の意味の闘いとは何かを教えられたような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/04 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/14 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/10 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/21 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む