サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴史文学論 変革期の視座
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般 研究者
  • 発行年月:1976
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:20cm/422p
  • 利用対象:一般 研究者
  • ISBN:4-326-85026-4
専門書

紙の本

歴史文学論 変革期の視座

著者 尾崎 秀樹 (著)

歴史文学論 変革期の視座

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵空事としての「歴史文学」を支える現実の「変革」

2004/03/16 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

  本書は、タイトル通り「歴史文学」と呼ばれるものを論じた書物だが、それぞれの小説についての細かな検討というよりも、より大きな視野からのダイナミックな記述が読み所である。例えば、副題に示されたように、「歴史文学」、現実の変革期に応じるかのようにブームと化していく様や、複数の小説が題材とする出来事の「読み替え・読み直し・再評価」といった動きにこそ注意が払われていく。
 なかでも興味深いのは、やはり昭和十年代の「歴史文学」ブームだろう。この時期の日本に起きていたのは、戦時体制への段階的な、それでいて着実な「変革」に他ならない。筆者は、そこで展開された「歴史文学」を、単なる戦時下の国策順応や逆に「隠れ蓑」的逃避、という仕方だけでなく、召喚される「明治維新」といった主題を立ち上げて論じていく。(こうした事態を分析した近年の成果に、成田龍一『〈歴史〉はいかに語られるか 1930年代「国民の物語」批判』がある)
 もちろん、欲を言えば、もう少し、その題材と時代との切り結びや、それが「歴史文学」の表現にどのような変容をもたらしたのかなど、論じて欲しかった課題は尽きないが、いずれせよ、この時期の「歴史文学」を論じる基盤は、巻末に付された「歴史文学年表」と共に充分に提供されていると言ってよい(しかし、本書は、後代の研究に必ずしも有効に「利用」されていない)。書物がここにある以上、そこから先は読み手の責任ということになるだろう。
 最後に、大衆文学領域における「歴史文学」を論じた、貴重な書物であることも付言しておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む