サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アメリカ大都市の死と生
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:1977
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:19cm/268p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-306-05118-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

アメリカ大都市の死と生 (SD選書)

著者 ジェーン・ジェコブス (著),黒川 紀章 (訳)

アメリカ大都市の死と生 (SD選書)

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

都市の本質

2009/04/23 01:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:simplegg - この投稿者のレビュー一覧を見る

都市論として世界のトレンドを作り出したものとしてエベネザー・ハワードの「田園都市」とル・コルビュジェの「輝ける都市」が挙げられる。本書はこの2つの都市論に対して真正面から異論を唱えている。

2つの都市論は世界のどの都市でも程度の差はあれ取り入れられているといえよう。その思想は現在でも脈々と受け継がれている。
例えば広大なオープンスペースとること都市内の機能を純化して配置することなどである。

これらの都市計画は理念としてはなんら問題ないように見え、使われたのだが本が出版された当時、アメリカの多くの大都市で問題生じたのである。

ジェコブスは如何にこの手のオーソドックスな都市計画が無力であるかを指摘する。机上の空論とまでは言わないが、これらの都市計画は理念的過ぎたのだ。

それではいったい都市にとって大事なものは何なのか?

ジェコブスは考察の中で必要に都市の「多様性」の重要性を説く。
そしてその基本単位に街区(オーソドックスなほうで重視されている)でなく街路をおく。道の脇に立つでっかいビルたちより下町的な街路こそ都市の基本だということ。

多様性なんてものは都市の特性で何の変哲もない結論だなんて思うかもしれない。しかしこのことこそオーソドックスな都市計画で
消し去られてきたものなのである。

考察は決して体系立てて語られるものでないし理念的な話ではない。ひとつひとつの都市をジェコブスが解説していくことによって進められる。そしてまるで宝探しをするように、発見的に重要な知見が語られる。

このような発見的書き方はレイチェル・カーソンの「沈黙の春」と似ているなと個人的には思った。どちらも女性が書いてるけど、それは関係ないかな。でもどちらもかなり感覚的。

ここからは感想。ハワード、コルビュジェの都市計画論は都市問題の解決策としての色が濃いように思われる。それに比べてジェコブスの考察は都市に住む意味、都市の特性、利点をもう一度深く考え直してみようという向きがありとても興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/11 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/23 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/27 03:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/15 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/30 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/01 04:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/17 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/31 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る