サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

五匹の子豚(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

五匹の子豚 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),桑原 千恵子 (訳)

五匹の子豚 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アガサ礼賛!

2003/07/23 23:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GLL - この投稿者のレビュー一覧を見る

一般的に言って、その作家の代表作以外は、大半が凡作と
したものだが、アガサに限っては、それは当てはまらない。
私などは、「アガサの全66作の長編ミステリに、一体、凡作
はあるのだろうか」とまで思っている。アガサを読み進めれ
ば読み進めるほど、アガサがミステリ界の唯一無二の圧倒
的な存在であることを実感せずにはいられないのである。
アガサの長編ミステリなら、書評の評価の内容、あるいは、
書評の有り無しにかかわらず、どんな作品でも、一応は安心
して買えるのではないだろうか。

さて、「五匹の子豚」だが、この作品は、16年前の夫殺しの
罪で、獄中で死亡した母の無実を信じる娘が、自身の結婚話
を契機に、ポアロを訪問し、再調査を依頼するところから始
まる。当時の事件の関係者5人の証言と告白の中盤を、読者
を飽きさせないアガサ特有の巧みなストーリーテリングで
繋ぎ、最後のどんでん返しに持っていく技は、まさにアガサ
の独壇場。いつもながら、「上手いなぁ」と舌を巻くしかない。
ちなみに、本書後書きには「心に残る佳作」と、控え目?な
賛辞の言葉があるが、私にとっては、佳作どころか、十分、
秀作に値する作品であったと、一言、付け加えておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「芸術家」って

2002/07/28 11:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:霞(kasumi) - この投稿者のレビュー一覧を見る

(あらすじ)
 ポアロは自分を訪ねてきたカーラ・ルマルションという若い婦人に
 関心を寄せると共に、彼女の美しさに目を見張った。
 彼女の依頼は、16年前に夫殺しで死刑になった母の
 殺人事件の真相を解明して欲しいという事だった。
 この事件の真相が明らかにならないと、幸せな結婚が出来ないという彼女。
 ポアロは真摯な彼女の訴えを受けて、捜査に乗り出す。

被害者の芸術家アミアス・クレイルの生活や考え方は
かなり自分勝手なもので、本人は相手の気持ちを踏みにじっている
とは思っていないのでなおさらタチが悪い。
「芸術家」とはこんなにも身勝手なものなのだろうか?
妻子がいるというのに女の人を取っ替え引っ替えして、
しかも挙げ句の果てにその女の人とは「さようなら」をし、
何事もなかったかのように妻子のもとへ帰ってゆく。
「芸術家」とはそんな特別なものなのだろうか?
私にはそうは思えない。
一日中だらだらした生活を送っている人よりも、
毎日汗水流して一生懸命働いている人の方がよっぽど偉いと思う。

こんな「芸術家」は稀だろうけれど。
一生懸命日夜自分の作品に汗水を流している人もいるだろうから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/11 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む