サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スパイ武士道(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1977
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-750034-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スパイ武士道 (集英社文庫)

著者 池波 正太郎 (著)

スパイ武士道 (集英社文庫)

514(税込)

スパイ武士道

432 (税込)

スパイ武士道

ポイント :4pt / 紙の本より82おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

スパイ武士道

594 (税込)

スパイ武士道

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

暖かい血の流れる人間としての隠密の姿

2015/11/24 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

隠密は、非常な命令にも逆わず、己を捨てて役目を全うしなければならない。
 弓虎之助も、九代前から筒井家の臣として潜入している隠密であり、ひとたび命があれば、幕府の臣下として動かなければならない。
 しかし、何も起こらなければ、そのまま筒井家の臣として終わる。実際、父までの代は筒井藩士として死んでいった。
 ところが、虎之助の代になって、幕府は筒井家に藩祖の隠し金があるらしいとの情報を得た。虎之助にその探索の命が下った。

 虎之助に命を下すのは姿なき声。その声は冷たく、虎之助を組織の歯車として扱う響きを帯びている。
 始めは命じるままに動いていた虎之助だが、己をいいように扱うその声に、反発を感じるようになる。

 池波正太郎は、これまで『蝶の戦記』や『忍者丹波大介』などの忍者もので、命令に従わなければならないという掟を破り、己の思うままに行動する忍びたちを描いてきた。そこには、組織に縛られず、人として熱き血をもつ忍の姿があった。
 この『スパイ武士道』に登場する幕府隠密の弓虎之助も、冷たい声に動かされているうちに、そんな忍たちと同じく暖かい血の通った人としての己が目覚め始める。
 普通の隠密なら幕府の命には絶対忠実なのだが、虎之助の血は熱く、命じるままに動いたらよいという闇の声に反発を感じる虎之助に、見ている方も熱くなった。

 この作品は、幕府の人間として動くのか、筒井藩士として生きるのか、ひとときも虎之助の動きに目が離せないのだが、その逡巡の様子がとても生々しく、どちらかを選ばなければいけない立場に置かれた者の人間らしさが感じられる。物語を面白くしてやろうとする作者の姿が見えないのがいい。
 最後まで幕府と筒井藩との間で揺れ動く虎之助だが、最後の決断は気持ちよかった。
 単純に、右に付くか左に付くかという結末でないのも、この作品のいいところだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/31 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/08 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/24 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/10 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む