サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カナリヤの爪(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

カナリヤの爪 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 E・S・ガードナー (著),阿部 主計 (訳)

カナリヤの爪 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

503(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

メイスンとデラが結婚しない理由

2002/07/09 23:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書はペリー・メイスン物の傑作との評判が高いが、それほどとは思わなかった。むしろ、ミステリーの本筋とは直接関係ない、意外な展開と結末の方が印象に残った。

冒頭でメイスンが船旅に行こうとデラに提案するのも意外なら、デラがうれしさのあまり仕事そっちのけで旅行準備に浮かれているのも意外、そして2人がついに旅行に行けたのも大いに意外だった。カナリア事件が紛糾して、またはメイスンが別の事件に心を奪われて、結局行けないものと思っていたからだ。ちなみに次回作の「掏替えられた顔」は、旅行中の船上で事件に巻き込まれる話である。

また、メイスンがデラにプロポーズし、デラが断ったのにも驚いた。2人が最後まで結婚しない事は知っていたので、メイスンはプロポーズすらしないのだろうと思っていたのだ。
しかし、デラの気持ちはよくわかる。メイスンは家では眠るだけの仕事人間だから、妻よりも秘書の方が、触れ合える時間はずっと多いだろう。それに秘書の方が、成功も失敗も危険も分かち合う、人生のパートナーと言うべき存在になれる。「あなたに必要なのは奥さんではなく、あなたのお芝居を助けるために留置所入りすら厭わない秘書なのよ」というデラのセリフには、ごもっとも! とひざを叩いてしまった。
補足すると、「結婚してもあなたの秘書を続けられるかしら?」というデラの問いを、メイスンがきっぱり否定したため、デラのプロポーズ拒絶となった。現代の感覚だとそっけなさ過ぎるような気がするが、本書は1937年、第2次世界大戦前の古い話。弁護士のような社会的地位の高い男が、奥さんを秘書として働かせるなんてとんでもない、という強固な社会通念があったのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/05 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。