サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 曽根崎心中・冥途の飛脚 他五篇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

曽根崎心中・冥途の飛脚 他五篇(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1977
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/384p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-302111-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

曽根崎心中・冥途の飛脚 他五篇 (岩波文庫)

著者 近松 門左衛門 (作),祐田 善雄 (校注)

曽根崎心中・冥途の飛脚 他五篇 (岩波文庫)

1,015(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

曽根崎心中
卯月紅葉
堀川波鼓

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

リズムが良い

2016/03/23 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mai - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代語訳なし、注釈が一部あるのみで、分かりづらいかと思いましたが、思ったより読める印象です。文章のリズムが良く、生で見てみたいと思わせてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ウィークエンダーは背徳の香り

2007/10/20 23:46

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

時は元禄16年4月6日に大阪曾根崎の森で、平野屋手代徳平衛25歳と遊女おはつ19歳の情死があった。これがまず京都で歌舞伎の題材にされ、続いて近松作の浄瑠璃として大阪の竹本義太夫の座にかけられたのが5月7日。なんというスピード。そしてこれが大当たりを取り、浄瑠璃の題材として世話物というジャンルがメジャーになったのだという。
他に本書では、やはり心中ものの「卯月紅葉」、姦通の仇討もの「堀川波鼓」、それから「心中重井筒」「丹波与作侍夜の小室節」「心中万年草」「冥途の飛脚」などの世話物が収録されている。どれも世間に行き詰まった男女の逃避行の物語。おそらく実際の出来事のお調べを元に、様々な脚色がされているのだろうけど、その文章や、義太夫節、人形使いなどの芸の魅力はあったのだろうけど、とにかく事件の成り行き自体が当時の人々をまず惹き付けたのだと思う。
心中である。暗いですよ。だけどこの人物達には愛おしさを感じる。彼らとは恋愛観も含めて、時代が作るメンタリティーがハナから違うのだが、人が人を恋しく想う心情、叙情にはやはり共通点があるらしい。
実のところ曾根崎心中の徳平衛などは、奸計に嵌ったといえ、おはつと一緒になるにしてもならないにしても、処世としても、身を律するという点でもひ弱な印象の男だ。この主人公達は何かしらの理由で世間的に行き詰まるわけで、そのために一緒になるも添えるも叶わぬことになってしまう。博打にはまるのでも、女郎に入れ込むのでも、だらしない男に見えるし、「心中万年草」の久米之介など高野山に勤めて女色とは同情の仕様もない。なのに泣ける。
まして強力な封建制が確立して、忠孝の道徳、義理と人情の社会規範にがんじがらめに縛られた人々には、多少の逸脱があろうとも欲求のまま自由に生きて、泣いて、笑って、泣いて、死ぬ、そんな生き方に共感と憧憬を抱いたとしても、それは理解できる。そうやって死ぬことがまた、当時の体制に反逆するたった一つ可能だった方法でもある。だから幕府は、後に心中ものの上演を禁止するのだ。
だから登場人物達も、主人公に向かって説教はしつつも暖かい視線を送る。作品の背徳的な生き方、描写は、それ自体が美しく、逆らいがたい妖しい魅力に満ちているが、それすらもカモフラージュではないかと思えるような、生の自分を取り戻したいと願う強い力の存在が、近松作品からは立ちのぼってくるように感じるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/27 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/25 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/11 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/08 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/05 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/30 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/03 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/27 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る