サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. エッフェル塔の潜水夫 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エッフェル塔の潜水夫 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1977
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/284p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

エッフェル塔の潜水夫 新装版 (世界ユーモア文庫)

著者 カミ (著),吉村 正一郎 (訳)

エッフェル塔の潜水夫 新装版 (世界ユーモア文庫)

950(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

フランスらしい、、、

2006/03/09 22:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランスのユーモア作家カミ氏の長編です。
今回はSFではないのですが面白かったもので、、、。
彼の最高傑作とも言われる本作ですが、ホラーやSFの味付けとミステリーの骨組みを持ち、
フランス風のユーモアとエスプリをトッピングした感じです。

フランスは花の都パリ。
セーヌ河の辺にはエッフェル塔が建っている。
ある日、エッフェル塔の下、セーヌ河にかかるイエナ橋から一人の男が身投げをした。
翌朝、ムーフラールという潜水夫によって水死体が引き上げられたのだが、
またセーヌ河に落ちてしまった。
あわてて川底に戻ったムーフラールだったが、、、。
水死体はお化けの顔をした潜水夫たちに持ち去られる。
幽霊船「飛び行くオランダ人」号の契約書を残し、、、。

そのまた翌日、潜水夫ムーフラールも水死体となっていた。
幽霊船の契約書を持ち潜水服を着たままエッフェル塔の四階に吊るされていたのだ。
混乱する中で、またも事件が発生する。
四階から水死体がエッフェル塔の下に落とされたのだ。
そして、潜水服の中の水死体は消えていた、、、。
警察によって無人になっていたはずの四階から
水死体を落としたのは何者なのか?
お化け潜水夫たちの正体とは?
怪事件や怪人物の登場など謎は深まっていく。
この事件の真相とは、、、?

ミステリーとしては反則すれすれの本作ですが、
先の読めない展開、大胆な発想、魅力的な登場人物たち、
おしゃれで面白い会話などで目が離せません。
いや〜、エッフェル塔に上ってみたくなります。
当時の最新の科学技術の粋であるエッフェル塔でこれだけの怪事件や謎を
最後にすべて説明をつけてハッピーエンドに持っていく、、、。
作品も訳も古いのですが楽しませてもらえました。
戦前にも訳されているようですが未読です(というか見つからない)。
エッフェル塔には面白い実話もたくさんあるようですが、、、(笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む