サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マルコヴァルドさんの四季(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/260p
  • 利用対象:小学生
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

マルコヴァルドさんの四季 (岩波少年文庫)

著者 カルヴィーノ (作),安藤 美紀夫 (訳)

マルコヴァルドさんの四季 (岩波少年文庫)

486(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

貧しいイタリア庶民の豊かな毎日。鋭い風刺と夢とユーモア。

2001/02/16 14:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:長崎夏海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マルコヴァルドさんは、やんちゃな子ども三人とおくさんとイタリアの都会で暮らしています。日あたりの悪い、がたがたの家にすんでいて、家賃はたまっているし、毎日の夕食はとても貧しいものです。
 でも、マルコヴァルドさんの毎日といったら、なんて豊かなのでしょう。
 道にはえたキノコを食べたり、鳥の声で目覚めることを夢みて公園のベンチで眠ったり、雪だるまになってしまったり、ハチの毒でリューマチをなおそうとしたり、お金持ちの子とお弁当を交換したり、植木には雨が栄養になることを発見して雨をさがしに行ったり。まきのかわりに高速道路の看板を持って帰ったり、猫についていって調理場のさかなをつったりなんてこともあります。
 描かれている毎日は、現実と空想がまざりあった世界です。どこまでが本当で、どこから空想なのかもはっきりしません。
 植木は、モーターバイクのうしろにのったまま育ち、やがて葉を金色にしてしまったり、
バスの停留所をさがして霧の中をさまよっているうちに飛行機に乗ってしまったり、スーパーをぐるぐるまわって工事の足場の板の上に行ってしまったり。
 でも「嘘」という感じがしないところがなんとも思議です。
 それは、四季おりおりの町の風景が、目にみえるように描かれていて、においを運んできてくれるせいかもしれません。八月のお休みで人がいなくなった町や、雪がふった町も、いつもと違う町のように見えますし、いつもの風景の中にも新鮮な発見があるのです。それは、『工具をつんだ作業車と、その作業車の上の架線までとどく高い作業台のまわりの、月のかさのようなうすあかり。』というふうなのです。なんでもない、どちらかといえばあまり美しいとはいえないものも、なんだかすてきに思えてくるのです。
 
 なにもいいことなんてないように思える時に、ぜひ読んで欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む