サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

盤面の敵(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

盤面の敵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 エラリイ・クイーン (著),青田 勝 (訳)

盤面の敵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

842(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

操る者と従う者

2017/12/14 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺人の実行犯は最初から明かされた状態で、殺人の指示を出している人間が伏せられた状態で話は進んでいく。エラリイは黒幕の正体を推理していくという少し風変わりな作品。黒幕の正体は見つかった証拠品のことを考えればすぐにわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はったり

2001/08/06 11:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:女王 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 奇妙な屋敷で起こる陰惨な殺人と犯人からの挑戦状。古典的な設定にサイコスリラーの要素をまぶした後期代表作。SF作家、シオドア・スタージョンの代筆であることは有名な話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名探偵とアメリカの敗北

2004/03/17 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 エリート警視の父と、推理作家でもあるインテリ探偵の息子が連続殺人の謎に挑み、そして敗れるという、もしかすると問題作と言っていいの? 名探偵はすべてが終わるまで謎を解き明かすことはできず、ただし事件の周縁をなんとかなぞることが出来た。それをクィーン名義で書いたのは、昨年日本でも出版の相次いだT.スタージョンと言われているらしい。
 発表された1963年、日本では戦後は終わったと言われて久しいが、まあ冷戦真っ只中ではある。物語の発端は、ある資産家の子息の失踪する1940年頃になる。その20年後に起きる殺人の犯人に、登場人物の推理は辿り着けない。作者はその迂回された道筋を明に暗に提示する。
 それでも探偵と警察システムは、幸運にも不運にも見舞われつつ一応の形式上の結論を見いだすのだが、それ以上の本質には触れずに紙数が尽きたということか。
 もし彼らが1940年代に訪れた世界の一つの破局についてもっと深い関心を抱いていれば、事件の多様な背景に思い至ることができたはずなのだ。その傷跡は米国社会の底流に深刻な影響をもたらしていたはずなのだが、作中ではこれには徹底して触れられない。そしてもう一つの敗因は、階級社会の下半分側に対する関心の低さであり、警視はこれを認識していながら事件と絡めて考えないのはもはや作為的としか思えない不自然さ。作者が直接に言明しないために、この「名探偵というシステム」への異議は隠されたままになっているが、ここにスタージョンの意図があるように見えるのは考え過ぎだろうか。
 物語にチェスのイメージ付けをしているのは、作者のミステリ観の現れと思えるが、一応ここからのインスピレーションが探偵の超人性を引き出す小道具にもなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/02 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 02:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/16 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む