サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

都市と星(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/353p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010271-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

都市と星 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 クラーク (著),山高 昭 (訳)

都市と星 (ハヤカワ文庫 SF)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

2012/03/03 16:17

投稿元:ブクログ

30年ぶりに再読。クラークらしい大風呂敷で、クラークらしいオプティミズムが感じられる。内容は思弁的と言われるようだが、むしろ遠未来ファンタジーと言ったほうがいい。遠未来にしては人間の行動様式や価値観の描写に変化がないのが物足りない。ハヤカワ文庫版は現在は新訳になっているらしい。

2011/09/16 07:47

投稿元:ブクログ

クラーク・ワールド満喫

 最高だ。

 久しぶりに味わう絵本のようなサイエンス・ファンタジー。

 日本語訳は山高昭、巻末の解説は堀晃の豪華コンビ。

 10年かけて執筆した「銀河帝国の崩壊」を8年かけて全面改訂した作品が「都市と星」。なんと1955年の作品だ。

 主人公は地球最後の都市「ダイアスパー」に住んでいる。ここは人間そのものをメモリーバンク化して合成した物理的肉体を与えるシステムを持つといった科学技術の粋を結集した未来都市だ。

 主人公は、単なる好奇心から地球上のもうひとつの都市を発見する。そこは自然との共生を中心としたひとつの理想未来都市であり、住民もダイアスパー人とは大きく異なっている。

 人類がふたつに分かれた理由は何か。それを知るため旅に出た主人公は、遙か昔に自らの祖先が地球を銀河を捨てて遠い宇宙に旅立ったことを知る。

 主人公は祖先の遺物である宇宙船を発見して、銀河を探し回るが生命体の痕跡しか見あたらない。しかし、唐突に物理的肉体を持たない幼稚な知的生命体と遭遇する。

 この知的生命体は人類が2番目に作り上げたものだという。そして、銀河帝国の崩壊は最初に作った知的生命体が失敗作だったからだという過去が明らかになる。

 主人公は宇宙船に先祖の消息探査を指示し、自らは地球の復興を進めながら、所在が不明な最初の知的生命体と今や人類の友となった2番目の知的生命体の戦いを待つのだった。

 いやぁ、壮大。クラーク作品を上手につなぎ合わせてクロニクルを作れば、アシモフのファウンデーションやバクスターのジーリーみたいなものができるだろう。

 人類より遙かに高度な知性を持った生命体が宇宙に必ず存在する。クラーク作品における最大かつ永遠のテーマはここにこそにあると思う。

2016/02/07 17:03

投稿元:ブクログ

銀河帝国の崩壊に情報理論の発展による変化を加味した作品。文明が始まってより二十億年が経過し、意識を保存し新たな肉体に移すことによって人間が不死を得た世界。ダイアスパーという都市の中だけで生活し、セントラルコンピュータによってすべてがコントロールされ人類の進化はなくなり同じ繰り返しを生きている。そこに繰り返しではない新しい意識を持つアルヴィンが生まれる。彼は他人が持たない好奇心を持ち、ダイアスパーの外の世界に出ていこうとする。そこで、リスという新たな都市を発見する。

その後、舞台は宇宙へまで広がり、人類の隠された歴史、そして、ダイアスパーの成り立ちが明らかにされる。

銀河帝国の崩壊にプラスされた部分がおもしろく興味深い。宇宙に出て以降は同じような構成となっている。意識の保存、電脳空間のようなものなどが登場する。

2016/01/12 12:30

投稿元:ブクログ

現在からずーっと未来、ウェルズの「タイムマシン」のような世界において、地球の都市ダイアスパーの青年が目覚め、外界への出口を求めての冒険。

本書は、冒険小説、未来での歴史小説、地球自治など、様々な読み方ができるし、例えばダイアスパーにおける人々の成り立ち…ヘソがない、なんていう話も面白い。

大方のストーリーは「トム・ソーヤーの冒険」のような話なのでするっと理解できるのだが、にも関わらず、読むのにものすごく時間がかかってしまった。そのうちの一つの原因は、非常に多種多様の比喩に彩られた文章であり、言ってはなんだが煙に巻かれたようなところが多々存在する。

未来を描くために、様々なメカニズムを考案して、アイデアを盛り込んでいく手法で、特に最初の都市の描写が延々と続くあたりは、読んでも読んでも進まない気分になってしまうのだ。

個人的にクラークの小説は、「ものすごい当たり」か「ぼんやりしていてよくわからない」のどちらかという印象だが、本書は後者。

ただ、駄作じゃないですよ。最後に起こるどんでん返し、それも歴史観の話に繋がるなど、そのアイデアには脱帽せざるをえないのだが。

2014/12/25 16:11

投稿元:ブクログ

銀河帝国の崩壊の書き直し(作者自身の書き直し)   
表紙   5点加藤 直之
展開   7点1956年著作
文章   6点
内容 705点
合計 723点

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む