サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中国思想史 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 第三文明社
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-476-01096-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

中国思想史 上 (レグルス文庫)

著者 森 三樹三郎 (著)

中国思想史 上 (レグルス文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

きれいにまとまった中国思想史入門書

2002/07/30 00:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:影山 師史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は、世界の名著の『老子・荘子』等も書かれている森三樹三郎さんが書かれている。個人的にその書き方が好きであったというのもあるが、本書は非常に読みやすく、分かり易いように中国思想史の要点のみが書かれている。
 カバーには仏教思想との交流を基軸においてあると書いてあるが、上巻では秦までなので、仏教思想との交流についてはほとんど書かれていない。
 内容は一章と二章で書かれている中国思想の一般的性格と天の思想などについては、中国思想史を貫くものとして非常に興味深く読めた。その後の諸子百家に関する解説は教科書的な説明であるが、下巻にて仏教思想との交流を描くにあたって、道家に関する記述に多く文量が当てられている。そして、他に注意を引くひくものとしては陰陽五行説に関する説明であるが、これは、文量は少ないがとても分かり易く書いてあってとても良い。
 欠点というか個人的な希望としては、中国思想の底辺として天の思想を用いるのならば天の思想に関してもっと詳しい記述が欲しかった。
 研究などをしている方にはぬるく感じるかも知れないが、入門書としてはとても使いやすい物であると思うので、中国思想(特に上巻では諸子百家)に興味のある方はぜひとも一度読んで貰いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/20 00:42

投稿元:ブクログ

新書2冊の分量で、中国思想史を概観することのできる入門書です。上巻では、「天」の概念を中心に、中国思想の一般的性格について簡単な解説がなされた後、儒家をはじめ戦国時代の諸子百家の思想が紹介されています。

もっとも詳しい解説がなされるべきはもちろん孔子だと思われますが、著者の専門が道家や道教の思想ということもあり、老子、荘子に関して多くのページを割いて説明がなされています。

2012/09/02 23:38

投稿元:ブクログ

諸子百家や陰陽五行などを現代風に読む入門書。森三樹三郎先生お得意の儒教を仏教や道教とからめて語っているのも特徴のひとつ。中国仏教の入門書としてもいいかも。でも、森先生が中国なんて言葉使うのかな?あと、ふつう中国思想というと、六藝の絶対的な価値、五藝略の相対的な価値、というあたりが含まれると思うのだけれど、この本では中国の書籍分類的なところは全く触れずに、全ての書を横一列に並べて語っている。現代の一般の読者相手に経学の価値観はあまり意味をなさないだろう、という主旨が働いているようです。